定額給付金問題で麻生首相の発言がコロコロ変わりますね。以前は高額所得者は辞退しろなどと発言していましたが、今度は景気対策・消費刺激の一環として国民全員が受け取り消費して欲しいと発言したそうです。


麻生首相は6日夜、2008年度第2次補正予算案に盛り込まれた定額給付金について、「個人に来るものを政府や党がもらえとかもらうなとかいう種類のものか」と述べ、給付金の受け取りは個人の判断に委ねるべきだとの考えを示したそうです。

 
政府は給付金の受け取り辞退に関し、「年間所得1800万円が下限」という目安を示したが、受給辞退を呼びかけるかどうかは市区町村の判断に委ねているそうです。


首相の発言は、高額所得者への受給辞退の呼びかけは適切ではないとの考えを示したもので、従来の政府方針を修正するものだそうです。

 
首相自身もこれまでは受給辞退の考えを示していたが、6日は「その時になって考えたい」と述べ、受け取る可能性を示唆したそうです。


首相は、給付金の狙いについて「消費刺激という点に意義がある。ぜひ皆さん方には使ってほしいなと思っている」と述べたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090106-00000067-yom-pol