中国ではたびたび、携帯電話の爆発事故が発生しているそうです。非正規品の携帯電話や電池が出回っていることも、爆発の危険性を増しているとの指摘があるそうです。携帯電話が爆発するなんて日本では考えられないことですね。


広東省広州市越秀区のパソコン販売店内で30日午後7時半ごろ、20歳男性が左胸のポケットに入れていた携帯電話が爆発したそうです。


男性は頸からの出血がひどく、死亡したそうです。


 
隣にあるコンビニエンス・ストアの店員によると、午後7時半ごろ壁を通じて「バン」という大きな音が聞こえたそうです。


パソコン店から店員が飛び出して助けを求めたので、駆け付けると同店の入口近くで男性ひとりが血まみれで倒れていたそうです。


 
倒れていた男性は同市外の出身で20歳。パソコン店での勤務中で胸ポケットに入れていた携帯電話が爆発したそうです。


知人によると、男性は最近、携帯電話の電池を交換したそうです。携帯電話や電池のメーカーは分かっていないそうです。

 
駆け付けた医師によると、男性は現場で死亡が確認されたそうです。警察は、爆発の原因などを調べているそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090131-00000007-scn-cn