派遣切りされて職と住居を失った男が、むしゃくしゃして放火したそうです。捕まったときの所持金が20円だったそうで、金がなくなったから犯罪でも犯して刑務所に行こうかなどど考えたのかもしれませんね。もしもそうだとしたら今後もこの手の犯罪が増えるかもしれませんね。治安が悪くなることが心配です。


埼玉県警川越署は3日、住所不定、元派遣社員、鈴木定徳容疑者(26)を非現住建造物等放火容疑で逮捕した。同署によると、鈴木容疑者は「派遣切りされて住むところもなく、むしゃくしゃしていた」と供述しているそうです。

 
容疑は、3日午前4時10分ごろ、同県川越市菅原町の菅原神社の拝殿にライターで火をつけ、拝殿約25平方メートルを全焼させ、隣接する本殿の柱や屋根を焦がしたそうです。

 
同署によると、鈴木容疑者は午前6時20分ごろ、JR川越駅構内の公衆電話から川越署に「神社に火をつけた」と通報したそうです。


「昨年12月ごろ、働いていた川越市内の自動車工場から派遣切りされ、1月中旬に寮を追い出された。拝殿で寝ようとしたが、鍵がかかっていて入れず、腹が立って火をつけた」と供述しているそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090203-00000146-mai-soci