日本相撲協会が解雇の場合に退職金を支払わないように支給規定の見直しをするそうです。問題が起きてから対処するという体質が甘いですよね。不祥事による解雇で退職金が支払われることが一般社会の常識からしてかけ離れています。


元十両若麒麟(本名・鈴川真一)容疑者(25)の解雇処分を塩谷立文部科学相が「軽すぎる」と発言した問題で、日本相撲協会の武蔵川理事長は4日、「解雇の場合は退職金(力士養老金)を支払わないよう、早急に変えなければならない。こういうことをなくさないと、甘いと言われる」と力士養老金の支給規定見直しを早ければ27日の理事会に諮る意向を示したそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090204-00000108-mai-spo