「すげー! マー君、魔球投げた!!」と岩隈投手もビックリするほどの新魔球をマー君こと田中将大投手が投げたそうです。WBCも大いに期待できるのではないでしょうか。


ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表1次登録メンバーの楽天・田中将大投手(20)が沖縄・久米島キャンプの11日、衝撃の“新魔球”を披露したそうです。


岩隈久志投手(27)とのキャッチボールで投げたフォークが、ナックルのように揺れて落ちるのを偶然発見したそうです。


WBC公式球ならではの変化で、大きな武器になりそうですね。



“事件”は、WBCコンビのキャッチボールで起きたそうです。何気なく田中が投げたボールが、ユラユラ揺れ、そして落ちるそうです。

 「すげー! マー君、魔球投げた!!」


驚きの声をあげたのは、ボールを受けた岩隈だそうです。風やそのほかの影響ではないそうです。


何球続けても、揺れながら落ちるそうです。急激な変化で、岩隈のグラブをはじく場面さえあったようです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090212-00000019-sanspo-base