町村元官房長官が、麻生首相を批判した「小泉発言」を「国会情勢がわかっていない」「場違いなタイミングでの発言」などと批判したそうです。定額給付金問題が参議院で否決され、衆議院で再可決になったとしても反対に回る自民党議員はいないとも発言しました。


自民党町村派会長の町村信孝前官房長官は14日、北海道江別市で記者団に対し、小泉純一郎元首相の発言について「国会情勢が分かっていないから、場違いなタイミングで発言してしまったのではないか」と批判したそうです。


これに先立つ会合では「小泉さんが言ったからといって以前賛成したものに反対する議員はいない。方々手を打っている」と述べ、再可決の際に与党からの造反はほとんどないとの見方を示したそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090214-00000062-mai-pol