WBC日本代表がオーストラリアに11対2と大勝しました。先発の松坂が2点は獲られましたが打線が盛り返して終わってみれば大勝だったそうです。松坂以外の投手陣は好投リレーでオーストラリアに付け入る隙を見せない内容だったそうです。


WBC・強化試合(日本代表11−2豪州代表、25日、京セラドーム)ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は前日と同じく豪州代表と強化試合行ない打線が爆発して大勝したそうです。


投手陣も先発の松坂が失点した以外の6投手は無失点に抑える好投を見せたそうです。



先発した日本代表ののエース松坂は一回、連続三振でスタート。不運な連打を浴びニ、三塁のピンチも5番ライジンガーをしっかり空振り三振と冷静な立ち上がりを見せたが、二回に3安打を許し2点を失い降板、不安を残したようです。


しかし、杉内、内海、渡辺、山口、涌井、藤川のリレーでその後は豪州打線を無安打無失点に抑える完璧な内容だったそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090225-00000523-sanspo-base