全国で定額給付金がらみでの詐欺事件が起きていますが、新手の詐欺事件があったそうです。被害金額は3000円と少額ですが、高齢者の方は気をつけたほうがいいですね。定額給付金の申請手続きを装った詐欺事件だそうです。



大阪府吹田市で、定額給付金の申請手続きを装い、80歳代の男性が現金3000円をだまし取られていたそうです。



府警捜査2課が発表し、詐欺容疑で捜査を始めたそうです。警察庁によると、給付金の手続きを装った詐欺被害は全国で3件目で、府内では2件目だそうです。


 
府警によると、1人暮らしの男性方に今月10日、「定額給付金申請書」「手数料3000円が必要」などとワープロ打ちで書かれた用紙1枚が封書で届いたそうです。


男性は用紙に住所や氏名、銀行の口座番号などを記載したそうです。11日午後4時ごろ、40歳前後の女が男性方を訪れ、身分を名乗らずに「用紙を書いてくれましたか」と言ったため、男性は用紙を手渡して3000円も支払ったそうです。

 
不審に思った男性から相談を受けた家族が12日、吹田市内の交番に届け出て被害が発覚したそうです。府警によると、近隣住民で同様の封筒が届いたケースはなかったそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090413-00000550-san-soci