ETC車載器の品薄状態が依然続いているそうです。メーカーは休日返上で増産しているそうですが供給が追いつきません。GWに入りまだETCの恩恵にあずかれない人が多いそうです。ETCを手に入れる一番早い方法は、ヤフーオークションなどで中古のETCを競り落とすことだそうです。ただし、中古とはいえ値段は15000円ぐらいするそうです。


自動料金収受システム(ETC)を利用した「1000円で走り放題」の高速道路料金値下げは29日、一部区間の料金二重取りが解消して完全スタートしたそうです。



高速道路交流推進財団による四輪車用車載器の購入助成は28日に終了したが、自動車用品販売店では品薄状態が続いているそうです。



ETC車載器製造の大手3社中2社は大型連休も返上してフル稼働生産を続ける特需に沸いているそうです。



三菱電機で車載器を製造している姫路製作所(兵庫県姫路市)の稼働率は昨年12月から上がり、対前年比で2月から2倍のペースだそうです。


部品供給が追いつかない懸念もあったが、めどがつき連休中も土日以外の休日返上で稼働させるそうです。


パナソニックはETC車載器をタイで生産しており、日本の連休中も土日以外は生産を続けるそうです。


政情不安に見舞われたが生産や出荷には影響がなく、平日は24時間のフル稼働だそうです。


デンソーも外部委託先で土日返上で生産中だそうです。ただ委託先の都合もあり、連休中は休むそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090430-00000005-maip-bus_all