女優の黒木メイサの父親59歳が急性白血病のため急死していたそうです。5月11日に亡くなったそうですが、黒木メイサはスタッフなどに気付かれること無く気丈に仕事をこなしていたそうです。



女優の黒木メイサ(20)の父親が急死していたことが26日、分かった。関係者によると11日午前、沖縄県内の自宅で急性白血病のため亡くなったそうです。59歳だったそうです。

 
前日の10日、「第17回橋田賞」に出席していたメイサは、「生きることもいい作品を作ることも精いっぱいやりたい」と抱負を話していたが、その直後のことだったそうです。

 
最愛の父を失い、沖縄に急行することも考えたが、売れっ子女優だけに仕事がビッシリだそうです。


父が亡くなった11日は、昼ごろからテレ朝系「徹子の部屋」の収録に参加したそうです。


悲しみを抑え、デビュー前からこれまでの芸能生活を司会の黒柳徹子(75)に語ったそうです。


後から事情を聞いた関係者は「全く分かりませんでした」と驚いたほどだったそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090527-00000001-sph-ent