レクサスのハイブリッド車の価格はレクサス車の中で最も安い395万円だそうです。トヨタのハイブリッドに対する意気込みが伝わってくるような価格設定ですね。7月に発売になるハイブリッド「レクサス」にも人気が殺到するかも知れませんね。


トヨタ自動車が7月に発売する高級車ブランド「レクサス」初のハイブリッド専用車の最低価格を、レクサス車で最も安い395万円にする方針であるそうです。



深刻な販売不振の中、低価格化で空前の受注を記録している新型プリウス(205万円〜)に続き、レクサスでもハイブリッド車を割安で投入して連続ヒットを狙うそうです。



発売するのは5人乗りセダン「HS250h」。エンジンは排気量2.4リットルとプリウスの1.8リットルより大きく、内外装も質が高いため、400万円以上での販売も検討したそうです。



しかし、旧型より30万円近く安くした新型プリウスがエコカー減税も追い風となり、納車まで3カ月以上待ちとなる人気を獲得したそうです。



レクサスでも、1月発売のスポーツタイプ多目的車(SUV)「RX」のハイブリッド仕様車(570万円〜)がガソリン車より100万円程度高いにもかかわらず「レクサスで唯一、受注が社内計画を上回った」そうです。


なのでレクサスで一番安いセダン「IS」399万円よりも値段を下げて勝負に出るみたいです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090603-00000003-maip-bus_all