次期衆議院選挙で自民党が宮崎県知事の東国原知事に出馬を要請したそうです。しかし、東国原知事は全国知事会が作成したマニフェストを自民党の公約として取り込むことと、東国原知事を自民党総裁として衆議院選挙に臨むことを条件にしたそうです。自民党としては受け入れることができない条件でしょうから、東国原知事はじつにうまい断り方をしたと思いますね。


自民党の古賀選挙対策委員長は23日、東国原英夫宮崎県知事と同県庁で会談し、次期衆院選に自民党公認候補として出馬するように求めたそうです。

 
これに対し、東国原知事は、全国知事会が作成したマニフェスト(政権公約)を自民党の公約にすべて取り込むことと、自身を自民党総裁として衆院選に臨むことを出馬の条件に挙げたそうです。

 
古賀氏は「お聞きしました」と述べ、即答しなかったそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090623-00000759-yom-pol