がんと必死に闘っている歌手の川村カオリが、新たにがんが転移していたそうで治療方針を変えて治療中だそうです。しばらく治療に専念するそうです。5月にデビュー20周年ライブを開いたのですが、その後すぐに入院して治療と検査を受けていたそうです。がんとの闘いに負けずにまた素敵な歌声を聞かせてほしいですね。


昨年10月に乳がんの再発・転移を発表した歌手、川村カオリ(38)が1日、がんが新たに転移し、5月に行われた東京・渋谷のC.C.Lemonホールでデビュー20周年ライブを開催後、すぐに入院して治療・検査を行っていたそうです。自身の公式ブログで発表したそうです。



川村カオリは「C.C.Lemonホールでのライブは、なんとか無事に最後まで歌えましたが、新たな転移があり、ライブ後すぐに入院して治療・検査をしていました」と経過を報告しているそうです。

 

「入退院を繰り返しているうちに体力を消耗してしまい、治療方針を細かく変えて治療中です」と現在の状況を綴っているそうです。

 

そして「みんなから貰った元気玉や祈りを無駄にしない様に、しばらく治療に専念したいと思います」とコメントしているそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090702-00000514-sanspo-ent