草なぎ剛主演の新ドラマ『任侠ヘルパー』の初回視聴率が17.5%と好調なスタートだったそうです。草なぎ剛のほかに黒木メイサや松平健、夏川結衣、山本裕典、藪宏太などの豪華なキャストです。それに今人気の子役加藤清史郎クンも出演していますね。かわいい演技でした。今後の展開が楽しみですね。


SMAPの草なぎ剛主演のフジテレビ系ドラマ『任侠ヘルパー』の初回視聴率(9日より毎週木曜・夜10時放送)が、ビデオリサーチの調べで17.5%(関東地区・番組平均)だったそうです。


草なぎ演じる冷酷非道な暴力団組長が老人介護施設のヘルパーとして奮闘、次第に人間性を取り戻していく様子を描いたものだそうです。



草なぎは、これまでの“いい人”キャラとは表向き一線を画す“強面”ぶりで、心温まるストーリーを展開していくそうです。

 

はだけた胸元に極太のネックレスをギラつかせ、背中から腕にかけては桜吹雪の入れ墨だそうです。



その風貌で周囲を威圧する組長・翼彦一(草なぎ)は、幹部から命じられ老人介護と向き合うことになるが、ヘルパーに取り組むにつれ、やがて人と人との触れ合いなど“大切なもの”に気づいていく。ヒロインとなる女組長役は黒木メイサが、組をまとめる幹部役は松平健が演じ、このほか夏川結衣、山本裕典、藪宏太らがキャスト陣に名前を連ねているそうです。


主題歌はSMAPの約1年ぶりの新曲「そっと きゅっと」が起用されているそうです。


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090709-00000013-oric-ent