定額給付金を申請したところなかなか支給されないために市に問い合わせいたところ「あなたは死亡したことになっている」と言われたそうです。男性は「死んだ人間が電話できるか」などと激怒。市が再確認したところ、男性は支給基準日の2月1日時点では西成区内に住民票があったが、その後、転居した際に届け出なかったため、市が住民登録を抹消したことが原因のようです。



大阪市内の無職男性(62)が定額給付金の支給の遅れを市に問い合わせた際、電話対応した臨時職員から「あなたは死亡したことになっている」と“死亡宣告”されていたそうです。

 

申請書発送後に男性の転居に伴って住民登録を抹消した際、システム端末上、「死亡扱い」で処理したのをそのまま読み上げてしまったのが原因で、市は「不快な思いをさせて申し訳ない」と平謝りしているそうです。

 

男性によると、5月中旬頃に給付申請したが、7月に入っても口座振り込みがなかったため、今月21日、市の専用電話に問い合わせたそうです。



その際、応対した職員から告げられたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090725-00000021-yom-soci