名古屋の市営バスが無人のまま暴走してタクシーに接触して25メートル先のガードレールに衝突して停止する事故があったそうです。タクシー運転手が軽いケガを負ったそうです。バスの運転手がエアブレーキをかけ忘れてバスから降りたことが原因のようです。赤信号の交差点にも突っ込んだそうで、一歩間違えれば大惨事になっていたかもしれません。



26日午後7時35分頃、名古屋市千種区内山町のJR千種駅前バス降車所で、砂田橋発千種駅前行き市営バスが、男性運転手(41)が席を離れたすきに無人のまま動き出し、約20メートル先で信号待ちをしていたタクシーに接触したそうです。



バスはさらに広小路通の交差点を横切り、約25メートル先のガードレールに衝突し、停止したそうです。

 

この事故で、同市中区のタクシー運転手の男性(59)が左腕に軽いけがをおったそうです。

 

市交通局の発表などによると、市バスの運転手が乗客を全員降ろした後、エンジンを切り、近くのトイレに行くためにバスを離れたところ、バスが走り出したそうです。


現場はやや下り坂で、エアブレーキをかけ忘れ、ギアはニュートラルだったそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090727-00000087-yom-soci