衆議院選挙で民主党が政権交代する可能性がかなり高いようです。毎日新聞社の特別世論調査によると320議席を越す勢いだそうです。逆に自民党は100議席を割り込む可能性があるそうです。この1週間の選挙戦もますますヒートアップしそうですね。



毎日新聞は第45回衆院選(定数480=小選挙区300、比例代表180)が30日に投開票されるのを前に、公示翌日の19日から21日にかけて特別世論調査を実施し、その結果をもとに全国の取材網を通じて選挙情勢を探ったそうです。


民主党は271人を擁立した小選挙区の大半で優位に戦いを進め、比例代表と合わせて320議席を超す勢いだそうです。



小選挙区の当選者数によっては、比例代表での復活も含め候補者全員の当選も視野に入るそうです。



2005年衆院選で大勝した自民党は小選挙区、比例代表とも振るわず、100議席を割り込む可能性もあるそうです。



小選挙区で約4割、比例代表で約2割の人が投票態度を明らかにしておらず、情勢が流動することもあるそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090822-00000002-maip-pol