飲酒運転の罰則が厳しくなっているにも関わらず、飲酒運転する輩がいるんですね。大阪で警察官が飲酒運転して書類送検されるそうです。取り締まる側の人間が飲酒運転とは全くどうなっているんでしょうか。警察官の飲酒運転は一般の人よりももっと厳しい罰則を与えるなどの措置が必要なんではないでしょうか。



大阪府警第3機動隊(泉佐野市)の男性巡査(27)が同僚と居酒屋でビールを飲んだ後にマイカーを運転し、酒気帯び運転で検挙されていたそうです。


大阪府警は近く巡査を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで書類送検するそうです。


巡査は「自分の勝手な都合で飲酒運転をしてしまい反省している」と話しているそうです。
 

府警によると、巡査は先月29日午後4時50分ごろ、大阪府貝塚市の阪神高速湾岸線の貝塚料金所近くの道路上で、軽四自動車を運転した疑いが持たれているそうです。


巡査は府警の高速道路交通警察隊の検問を受けたそうです。検査の結果、呼気1リットル当たり0.2ミリグラムのアルコールが検出されたそうです。 



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090903-00000099-jij-soci