国語世論調査で「破天荒」や「手をこまねく」などの言葉を誤解している人が多いことがわかったそうです。「破天荒」誰もなしえなかったことをするというのが正しい意味だそうですが、これを「豪快で大胆な様子」と誤解している人が多かったそうです。「てをこまねく」は何もせずに傍観しているが正解ですがこれを「準備して待ち構える」と誤解している人が多かったそうです。やはり日本語はむずかしいということがあらためてわかりましたね。



誰も成し得なかったことをするという意味の故事成語「破天荒」を、40代以下の人の7割超が「豪快で大胆な様子」だと誤解していることが4日、文化庁が発表した2008年度の国語世論調査で分かったそうです。


「手をこまねく」などの言葉でも使い方を間違えている人が多かったそうです。


調査は1995年度から毎年度、面接方式で行っているそうです。今回は3月に実施し、全国の16歳以上の1954人から回答を得たそうです。


破天荒の意味を正しく選んだ人は16.9%だったそうです。一方、「豪快で大胆」との回答が64.2%に達し、年代別では16〜19歳が75.0%、20代から40代が73.4〜77.2%だったそうです。


何もせずに傍観することを表す「手をこまねく」の意味として、「準備して待ち構える」を挙げた割合は45.6%。16〜19歳では61.1%で、若者の誤答が目立ったそうです。


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090904-00000105-jij-soci