福岡県職員が酒気帯び運転をして自損事故を起こし逮捕されたそうです。福岡県で数年前に飲酒運転が原因の悲惨な死亡事故が起きているのも関わらず飲酒運転の撲滅にはなかなかならないようです。


福岡県警うきは署は7日、同県久留米市日吉町、県食肉衛生検査所参事補佐兼と畜検査第1課副長の佐々木喜一容疑者(56)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕したそうです。


発表によると、佐々木容疑者は6日午後5時頃、同県久留米市田主丸町菅原の市道で軽乗用車を運転中、土手の上から高さ約3メートルの斜面を滑り落ち、休耕田に突っ込む事故を起こし、顔に軽傷を負ったそうです。

駆け付けた同署員が呼気を調べたところ、1リットル中0・6ミリ・グラムのアルコールが検出されたそうです。


佐々木容疑者は同県うきは市の実家から約30キロ離れた自宅に帰る途中だったそうです。



「実家で朝から昼過ぎにかけてビール550ミリ・リットルと焼酎1合を飲んだ」と容疑を認めているそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090907-00000326-yom-soci