ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

カテゴリ : スポーツ




阪神タイガースの今岡誠内野手(34)が今季限りでの引退を決意したそうです。阪神で主軸打者として活躍していた今岡選手もケガの影響で34歳という若さですが引退を決意したそうです。なんだか残念な終わり方ですが厳しいプロの世界では結果が全てですから仕方ありませんね。



東洋大から1996年にドラフト1位で阪神入りした今岡は、2003年に首位打者、05年には打点王に輝くなど、チームの主軸打者として活躍しました。


2度のリーグ優勝の原動力となりました。



しかし、06年からは右手中指のバネ指(けんしょう炎)の影響で打撃が低迷しました。


手術を受けたものの、完全に復活できず、今季は23試合に出場して打率.133。6月からは2軍に降格し、2軍でも出場機会は激減していたそうです。


事実上の構想外となり、引退を決意したそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090901-00000014-ykf-spo




巨人の優勝へのマジックが消えました。もともと点いたり消えたりするからマジックというくらいで、いずれ再点灯するでしょう。



プロ野球セ・リーグは30日、首位の巨人が1−3で阪神に敗れて、ヤクルト戦が降雨ノーゲームとなった2位の中日に自力優勝の可能性が復活したため、巨人の優勝へのマジックナンバーが消滅したそうです。



巨人は中日との3連戦を3連勝し、27日に優勝へのマジックナンバー「26」が点灯。29日の阪神戦にも勝利、この試合までマジックを「25」としていたそうです。


巨人は残り30試合のうち、中日戦を除いた24試合に全勝した場合の勝率が6割7分6厘となり、中日が残り29試合に全勝した場合の勝率6割7分8厘を上回れない。

 
この日の巨人は打線がつながらず、阪神戦は4カード連続の負け越しだそうです。


優勝マジックは消滅し、2位の中日とのゲーム差は「4」に縮まったそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090830-00000520-sanspo-base




フライ級チャンピオンの内藤大助と亀田興毅の対戦が決まったそうです。ドリームマッチがついに実現するんですね。内藤大助と亀田興毅はどちらが強いのでしょうか。今からとても楽しみですが、試合の日時などはまだ決まっていないそうです。


世界ボクシング評議会(WBC)フライ級チャンピオンの内藤大助(宮田)が、6度目の防衛戦を世界ボクシング協会(WBA)元ライトフライ級王者で同フライ級1位の亀田興毅(亀田)と行うことが25日、両選手のジムから発表されたそうです。


両ジムとWBC、日本ボクシングコミッション(JBC)が合意したそうです。


試合日時などは調整中で、近く記者会見で正式発表されるそうです。


内藤は2007年10月に亀田興の弟、大毅と対戦し、反則行為を受けながら初防衛したそうです。その後も4度防衛しました。
 

亀田興毅は世界戦に先駆け、9月5日に東京でノンタイトル10回戦を行うことが決まっているそうです。


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090825-00000196-jij-spo



レッドソックスの松坂大輔投手がメジャー復帰に向けて着々と準備が整っているみたいです。2度目の故障者リスト入りした松坂大輔は7キロのダイエットに成功して春先に比べすっきりとした体型でマイナーチームを相手に先発して3回を1安打無失点に抑えて好投したそうです。はやくメジャーでの投球が見たいですね。



“肩の疲れ”で今季2度の故障者リスト入りしたレッドソックスの松坂大輔投手(28)が24日、フロリダ州フォートマイヤーズのキャンプ地でマイナーのチームを相手に先発、3回を1安打、4奪三振、無失点だったそうです。


全体に太り過ぎの印象が強かった春先に比べ、7キロ絞り、アゴのまわりも細く全体にシェイプアップした松坂大輔。


不在の間に、チームは地区優勝争いから脱落してしまいました。


熾烈なワイルドカード争いに巻き込まれたレッドソックスを救えるのでしょうか。

 
この日の松坂の対戦相手は20歳そこそこのレイズの1A選手。6月20日にDL入りして以来、初めての実戦だったそうです。

 
初回1、2番を一ゴロ、空振り三振。3番に死球を与えたが4番を空振り三振。2回は1死後、右翼に初ヒットを打たれ、2死後暴投で走者を三塁に進めたが後続は二飛。3回は2者連続三振後、三ゴロで3者凡退。約40球で3回を投げ終えたそうです。


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090825-00000003-ykf-spo





世界最速男のウサイン・ボルトが自身の記録を0.11秒更新する9.58秒で優勝したそうです。進化し続けるウサイン・ボルトの記録はどこまで伸び続けるのでしょうか。すごい記録ですね。


陸上の世界選手権第2日は16日、当地で行われ、注目の男子100メートル決勝はウサイン・ボルト(ジャマイカ)が9秒58の驚異的な世界新記録で優勝したそうです。


ボルト自身が昨年8月の北京五輪で出した従来の世界記録9秒69を一気に0秒11も縮め、史上初めて9秒5台に突入したそうです。


追い風0.9メートルの条件下、ボルトは序盤からリードを奪い、圧勝したそうです。
 


前回王者のタイソン・ゲイ(米国)が2位に入り、自己ベストで世界歴代2位の9秒71だったそうです。


前世界記録保持者のアサファ・パウエル(ジャマイカ)は9秒84で3位だったそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090817-00000007-jij-spo





楽天の野村監督はやはり今シーズン限りなんでしょうか。楽天は野村監督になってから毎年ちょっとずつ力をつけていてると思うんですがね。一時は首位を走っていたこともあったし、やはり野村監督の力はすごいなと思っている人が多いと思うのですが、楽天の三木谷オーナーは次期監督について候補者を絞ったとのコメントを発表したそうです。シーズン真っ最中のこの時期にちょっとKY的な動きですよね。



奇跡のクライマックスシリーズ(CS)出場の可能性を残している楽天だが、球団はバックアップするどころか、その裏ではポスト野村人事を着々と進めているのが現実だそうです。



そんな中、楽天・三木谷浩史球団会長(44)が野村克也監督(74)の後任について、「候補を10人ぐらいに絞った段階」と発言したそうです。



あまりといえばあまりの露骨さに、チーム内から大ブーイングが巻き起こっているそうです。

 

楽天トップの三木谷会長は7日、楽天本社の決算説明会後に、野村監督の後任について「現時点では10段階で2、3といったところ。候補を10人ぐらいに絞った段階。指導者としての経験がある人にしたい。できれば8月中に決めたいが、9月に入ってからだろう」と発言したそうです。



今季で1年契約の切れる野村監督を辞めさせることは既定路線で後任選びを進め、展開次第では今月中にも新監督を決める意向を示したそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090810-00000023-ykf-spo




プロ野球せ・リーグでホームランのビデオ判定の導入にむけてテストをはじめるそうです。正確なジャッジをと巨人が提案したそうです。ビデオ導入しても必ずしも正確なジャッジメントができるわけではないので、私は反対ですね。審判も人間ですから間違うことはあるという前提でいればいいのではと思いますが・・・そんなことに頭とお金を使うならばもっとプロ野球全体が抜本的に人気回復するような方策を考えたほうがいいと思うのですが・・・・



プロ野球のセ・リーグが、本塁打に限ったビデオ判定の導入に向け、11日からテストを開始するそうです。



米大リーグ(MLB)は昨年8月から本塁打限定でビデオ判定を実施しているそうです。


セ・リーグはこれに追随しようとしているが、本格的な導入には課題も多いようです。


 
テストはテレビ中継を録画した映像を使用するそうです。当面は審判員室で待機する控え審判が、微妙な打球についてモニターで映像をチェックするだけで、ジャッジの変更は伴わないそうです。


審判員が機械の扱いに慣れ、問題点を把握するための試行期間となるそうです。

 

旗振り役は巨人。以前からジャッジの正確性を求め、再三、ビデオ判定の導入を訴えてきたそうです。



他球団は「野球は人間がするもの」という伝統的な考えだったが、MLBでの導入や、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でも本塁打限定のビデオ判定が採用され、抵抗感が薄れたそうです。


テストで大きな問題がなければ、来季からの正式導入が見込まれているそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090810-00000027-san-base

このページのトップヘ