週間少年サンデーの小学館に原画を紛失されたとして損害賠償訴訟を起こした「金色のガッシュ!!」の作者、雷句誠さんに対して、訴えられた小学館は全面的に闘う方針を打ち出したそうです。小学館に対しては雷句誠さん以外の作家さんも苦言を呈しているようで法定での争いに注目が集まりますね。



「週刊少年サンデー」(小学館)に07年まで連載されていたマンガ「金色のガッシュ!!」の作者、雷句誠さんが、原画を紛失されたとして、小学館を相手取り、東京地裁に330万円の損害賠償訴訟を起こしている問題で、同誌編集部は13日までに、公式サイトに読者への謝罪文を掲載したそうです。


「読者の皆様へ」と題され、「ご心配をおかけして申し訳ございません」などとしている。しかし、雷句さん側の主張については、「事実とは考えておりません。今後は、法廷で当方の考えを明らかにしてゆくつもりでおります」と、争っていく姿勢を示した。

「金色のガッシュ!!」は同誌に01年から連載され、コミックス32巻で累計2200万部超を販売し、テレビアニメや劇場版にもなったそうです。


訴えによると、雷句さんは小学館側に原画を貸していたが、連載終了後にカラー原画など5枚が紛失していることが判明したそうです。


小学館側は原稿料(1枚あたり1万7000円)の3倍の賠償額を提示したが、雷句さん側は「原画には美術的な価値がある」として、330万円の損害賠償を求めているそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080613-00000006-maiall-ent