ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:『ヤッターマン』

実写版「ヤッターマン」で一番の注目はなんといっても深キョンのドロンジョだと言われています。とてもセクシーに決まっているそうです。3月7日からの公開がとても楽しみですね。



26日、邦画界の鬼才、三池崇史監督が人気テレビアニメーション「ヤッターマン」を実写化した型破りな娯楽大作実写版映画『ヤッターマン』のジャパンプレミアが東京国際フォーラムにて行われたそうです。


東京国際フォーラムには、いち早く『ヤッターマン』を観ようと約5,000人の観客が詰めかけ熱気ムンムンだったそうです。


ガンちゃんことヤッターマン1号の櫻井翔、アイちゃんことヤッターマン2号の福田沙紀、そしてドロンジョの深田恭子、ボヤッキーの生瀬勝久、トンズラーのケンドーコバヤシ、そして三池崇史監督ら主要キャスト、スタッフが一堂に会したそうです。


さらに会場で注目を集めたのは約5.5メートルもある原寸大のヤッターワンでその迫力に観客は圧倒されていたそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090227-00000011-flix-movi

ついに深田恭子のドロンジョ姿が公開されました。衣装制作費はなんと5000万円だそうです。入浴シーンなども話題になっていましたね。映画公開が楽しみですね。


実写映画版『ヤッターマン』(3月7日公開)でドロンボー一味を演じる深田恭子(ドロンジョ)、生瀬勝久(ボヤッキー)、ケンドーコバヤシ(トンズラー)の衣装姿が14日(水)公開されたそうです。


すべて本皮の衣装総制作費はなんと5000万円。自ら衣装の細部にわたってリクエストを出した深田は、「細かいディテールにまでこだわっていてかわいいんです。皆さんのドロンジョのイメージを裏切らないようにしつつ、実写版ならではのドロンジョになるよう自分なりにがんばりました」とコメントを寄せているそうです。


映画の製作発表時から話題になっていたドロンジョ衣装だが、そこにはこの役にかける深田の思い入れが形になって現れているようです。


役のオファーを受けた当初を「ドロンジョは皆さんに愛されているキャラクターだし、皆さんのなかではっきりイメージがあるので、最初に役の話をもらったときは少し不安でした」と明かす深田は、原作イメージを裏切らずに、実写版ならではのオリジナルを出すために、トータルバランスを考慮したうえでの細部にわたるアイデア出しを自ら行っているそうです。


そうして、原作に忠実ながらもオリジナルが随所に配慮された実写映画版ドロンジョ衣装が完成したそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090113-00000026-oric-ent

2009年の春に実写版『ヤッターマン』が公開されるそうですが、一番の注目点は
深田恭子演じるドロンジョのセクシー度のようです。共演者が目のやり場に困るくらいすごくセクシーな衣装だそうです。


放送開始から30年、タイムボカンシリーズ最高の人気を誇った伝説のアニメ『ヤッターマン』実写映画化の製作発表会が27日(木)、東京ビッグサイトで開催されている「東京国際アニメフェア2008」会場内特設ステージで行われ、主演でヤッターマン1号を演じる櫻井翔を先頭に福田沙紀、深田恭子、三池崇史監督らが登壇したそうです。


会見で報道陣だけでなく、共演するキャストからの注目を一身に浴びたのは、ドロンジョを演じる深田恭子だったそうです。


これまでのイメージを覆すブロンド・ヘアで登場し、「最初の衣装合わせのときはすごく恥ずかしかったけれど、段々と着心地が良くなって、今では心が引き締まります」と語ったそうです。


深田演じるドロンジョの子分・ボヤッキーを演じる生瀬勝久は、「目のやり場に困るくらい、とにかく深田さんの衣装がすごくセクシーなんです」と語ったそうです。


三池監督は「僕たちも写真撮影は禁止で、ただ見るだけ。どれだけセクシーなドロンジョになるかは、完成を待ってください」と含みを持たせたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080327-00000007-vari-ent

↑このページのトップヘ