ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:イチロー

マリナーズの一員としてキャリアを終えることは光栄に思います。

MLBの公式サイトは「Ichiro to announce retirement today」(イチローが今日引退発表へ)との見出しで伝えたそうです。

 ESPNも「関係者談:イチローが木曜(今日)の試合後に引退する」のタイトルで、「イチロー・鈴木は東京での木曜(21日)の試合後に引退するとシアトル・マリナーズに伝えたことを、関係者がESPNに認めた」と伝えたそうです。

 イチローが出場しているマリナーズ−アスレチックスが行われている東京ドームでは、報道を受けて客席がざわめく場面も。その後、右翼へ打球が飛ぶたびに大歓声、大きな拍手が沸き起こったそうです。

 第1打席はアスレチックスの先発右腕のエストラダを前に三邪飛、第2打席は二ゴロに倒れ、スタンドは「あ〜」とため息が充満したようです。

 七回無死二塁の場面で迎えた第3打席は右腕ソリアとの対戦。

137キロ外角高めの変化球に手が出ず、見逃し三振に倒れたそうです。







イチロー成績、5月15日レッドソックス戦4打数3安打3打点1四球(2得点)だそうです。2打席連続のホームランで5−4で逆転勝ちしたそうです。連敗も阻止したそうです。やはりイチローです。頼りになりますね。


マリナーズ・イチロー外野手(35)は15日(日本時間16日)、本拠地シアトルでのレッドソックス戦に「1番・右翼」で先発出場、2打席連続の本塁打で3打点を挙げ、5−4逆転勝ちに大きく貢献したそうです。

 

イチローがチームの連敗を3で止めたそうです。



5月に入ってわずか3勝、6連敗を経験、2試合連続サヨナラ負けを喫していた苦しいチーム状況だったそうです。


イチローは1回に左前打を放ち、さっそく9試合連続安打。しかし、序盤に先発ジャクバウスカスが4点を失い、打線もレッドソックスの左腕レスターの前に得点を奪えず、4−0とリードされた五回に4月23日の決勝先頭弾(レイズ)以来、右越えの3号ソロを放ち、反撃ののろしを上げたようです。

 
続く六回に「7番・捕手」で先発出場の城島健司捕手(32)が好機を広げる左前打を放ってレスターをマウンドから引きずりおろし、2点を返しました。



なおも二死一塁でイチローが右中間へ4号2ランで逆転に成功。マリナーズは残り3回を3人の継投でレッドソックスの反撃を封じて快勝したそうです。

 


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090516-00000509-sanspo-base

いよいよWBC一次ラウンドが始まります。強化試合では結果が出なかったイチローですが、本番ではきっとやってくれるでしょう。WBC2連覇に向けてガンバレ侍ジャパン!


第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンドA組は5日、東京ドームで開幕する。中国と対戦する日本は開幕前日の4日、公式練習を行ったそうです。


 
打撃練習で周囲の視線を一身に浴びたイチロー。しかし、快音はなかなか響かない。練習が終わると、さっさと引き上げたそうです。それが今の心境なのでしょうか。

 
強化試合など計6試合で打率1割3分。誰が、こんな姿を想像したでしょうか。


原監督が「チームリーダー」に掲げる存在だそうです。


1次ラウンドのスタートを、慣れた「1番」で切る見込みなのも、監督が「チームが強さを増すには、イチローが結果を残してくれることが理想」と早期の復調を願っているからだそうです。

 
この日、「気持ちの高ぶりは?」と問われたイチローは、「もちろん、ある」と答えたそうです。そして「緊張は、ずっと前からしている」とも付け加えたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090304-00000081-mai-base

侍ジャパンのリーダーとして活躍が期待されるイチローが、宮崎空港に到着したときに1000人のファンが集まったそうですが、到着ロビーには現れず裏口から脱出したそうです。集まったファンはファンはがっかりだったそうです。いよいよ侍ジャパンのキャンプが始まります。ワクワクしますね。


ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表1次登録メンバーと首脳陣が15日、宮崎市内のホテルに集合したそうです。


約1000人のファンが殺到した宮崎空港では、マリナーズのイチロー外野手(35)を裏口から脱出させる異例の措置がとられるなどすでにボルテージは最高潮のようです。


年俸総額約88億円、33人のスーパースター軍団が16日から世界一に向け動き出すようです。


歓声、悲鳴に怒号も入り交じったそうです。いつもはのどかな宮崎空港の到着ロビーが、異様な熱気に包まれたそうです。


「今からイチローが来るって!」

ファンの声を合図に、デジカメや携帯電話を手にした群衆は一気にヒートアップしたそうです。しかし、待てど暮らせど、お目当てのイチローは姿を現さなかったそうです。

「イチロー選手は裏口から出ました」

関係者による説明に、朝から待ち続けたファンの間からは落胆のため息が漏れたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090216-00000017-sanspo-base

さすがのイチローもなれない投球練習で右半身がパンパンだそうです。投球練習はもうしないと言っているそうです。調整は順調にいってるみたいです。


ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けて自主トレーニングを続けている米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手が11日、神戸市のスカイマークスタジアムで軽く汗を流したそうです。
 

7日に同球場のブルペンで異例の「投球練習」をしたイチローはこの日、「右半身がパンパン。(投球は)もうやめとくわ」と苦笑いだったそうです。


ティー打撃のほか、守備練習では外野でノックを受け、正確で鋭い送球を何度も披露。順調な調整ぶりをうかがわせたそうです。
 

今後も練習を続け、16日に宮崎市で始まる日本代表候補の合宿に参加するため、15日にも現地に入る予定だそうです。 




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090211-00000061-jij-spo

WBCに向けてイチローの調整は順調のようです。山田久志投手コーチがトレーニングの視察に訪れ絶賛していたみたいです。WBCのけん引役としてイチローの活躍に大いに期待が持てますね。

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の山田久志投手コーチが14日、神戸市のスカイマークスタジアムを訪れ、米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手とソフトバンク・川崎宗則内野手の合同トレーニングを視察したそうです。
 

山田氏はイチローがオリックスに在籍した際のコーチだそうです。


代表候補の2人は前日に続いて一緒に練習し、フリー打撃などで約1時間半汗を流したそうです。
 

山田コーチは「安心した。この時期、こんなに動けるなんて驚きだね。(WBCの)原(辰徳)監督に報告しないと」と感心した様子だったそうです。


川崎は「張り切り過ぎないようにと言われました」と話したそうです。 





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090114-00000123-jij-spo

WBC2連覇に向けて朗報です!イチローがWBC出場の意思を固めたそうです。他の日本人メジャーリーガーにもぜひ日本代表になってもらいたいです。オールジャパンドリームチームにどんな選手が出場するのかワクワクしますね。


巨人・原辰徳監督(50)が代表監督を務める『原JAPAN』が28日、正式に誕生しました。


今後、選手選考が急がれるが、マリナーズのイチロー外野手(35)が出場の意思を固めたことが判明したそうです。


第1回大会でもチームの柱として『王JAPAN』を世界一に導いた天才打者が、連覇への原動力となるようです。

 
王JAPANを世界一へと導いたイチローの2大会連続出場が確実となったそうです。


すでに大会関係者に対して、WBCの日本代表に選出されれば出場する意思を伝えており、連覇を目指す「原JAPAN」に頼もしい戦力が加わるようです。

 



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081029-00000005-sph-base

↑このページのトップヘ