高校の文化祭焼きそば模擬店でカセットコンロのガスボンベが爆発して15人がケガをする事故が起きたそうです。原因は、大きな鉄板をカセットコンロの上に置いて調理していたところ熱がガスボンベに伝わったからだそうです。


東京都豊島区の私立豊南高校で文化祭中にガスボンベが爆発した事故で、カセットこんろの上に大きな鉄板を置いて調理した際、内部のガスボンベに熱が伝わり爆発したとみられるそうです。同校が会見で明らかにしたそうです。


負傷者は1人増え、計15人になったほか、男子生徒2人が重いやけどを負っていたことも判明したそうです。警視庁目白署が詳しい原因を調べているそうです。



同校によると、生徒らはカセットこんろ2台を並べた上に、鉄板を覆いかぶせるように置き、焼きそばを調理していたそうです。


鉄板を通じてガスボンベが加熱され、爆発した可能性があるそうです。


同校は「管理が不徹底で申し訳ない」と謝罪したそうです。 




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080920-00000098-jij-soci