ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:ガソリン

ガソリンの値上がりが止まりません。このまま1リットル200円ぐらいまで上がり続けてしまうんでしょうか。自動車を手放す人や、通勤に自動車を使わずに自転車などを使う人が増えてくるでしょう。どうにかならないんでしょうか?


石油情報センターが11日発表した石油製品市況の週間動向調査(9日時点)によれば、レギュラーガソリンの全国平均店頭価格は先週2日に比べ1リットルあたり0・5円高の172・4円となり、昭和62年の調査開始以降の最高値を更新したそうです。
 
原油価格の高騰に伴い石油元売り各社が1日から実施した過去最大の10円超の卸価格の引き上げを受け、全国のガソリンスタンドで店頭価格に転嫁する動きが広がったためのようです。


都道府県別のレギュラー価格は、東京都など30都県で先週よりも値上がりしたそうです。しかし、競争が激しい群馬県や埼玉県など13府県では逆に値下がりし、北海道など4道県は横ばいだったそうです。


石油情報センターは「おおむね値上げは浸透し、今後は小幅な変動にとどまる」と見ているそうです。


石油元売り各社は、最近の原油価格急騰に伴い、7月の卸価格も大幅に引き上げる方針で、先行きも一段の値上がりが避けられないようです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080611-00000932-san-soci

ガソリンの値上がりに歯止めがかかりません。1リットル170円を突破しました。まだまだ上がる気配だそうです。このまま値上がりが続くと日本経済は大変なことになってしまいます。政府はなんの打開策もないんでしょうか?


石油情報センターが4日発表した石油製品の価格動向調査によると、2日現在のレギュラーガソリン1リットル当たりの店頭価格(全国平均)は171.9円となり、1987年の統計開始以来初めて170円を突破しました。


前週からの上げ幅も11.6円で、ガソリン税(揮発油税など)の暫定税率復活時を除き過去最大だそうです。


原油価格の高騰を背景に、石油元売り各社が1日からガソリン卸値を大幅に引き上げたためで、全国の給油所が一斉に店頭価格の大幅値上げに踏み切ったようです。


ガソリン価格については、総理府(現内閣府)の調査で第2次オイルショック時の82年秋に、東京都区部平均で1リットル当たり177円を付けたことがあります。


今回の全国平均のガソリン価格はこれに迫る水準。家計を直撃するばかりか、輸送コストの増加などで日本経済全体にも打撃を与える可能性が出てきたようです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080604-00000106-jij-bus_all

5月1日からガソリン税の暫定税率復活がほぼ決定しています。4月1ヶ月間だけ夢を見せてもらったような感じでしょうか。5月からは1リットル150円を通り越して160円になるそうです。車を運転するのも控えないといけませんね。景気はますます冷え込んで後退していくでしょうね。



5月1日からのガソリン税(揮発油税など)の暫定税率復活を控え、最後の休日にあたる29日、駆け込み需要がピークを迎えたそうです。


各地の給油所では、「大幅な値上げの前にとりあえず満タンにしたい」とする給油待ちの車が朝から長蛇の列になったそうです。


車の誘導に追われる給油所の店員からは「ガソリンの在庫が持つか心配」との声も出るなど、現場では慌ただしい1日となったようです。


安売りで有名な東京・環状8号線沿いの「ゼネラル」ブランドの給油所(世田谷区)では、朝から車が殺到したそうです。


12本の給油レーンは常に埋まり、給油所の外の道路にはみ出して約40台の車が200メートルほどの列をなしたようです。同店主任は、「売り上げは通常の3割増しに上る見通し」と言ってたそうです。


江東区の「エネオス」ブランドの給油所でも、昼前から街道沿いに伸びる車列が途切れず、「通常は1日2回のタンクローリーの配送をきょうは3回に増やす」(マネジャー)ほど。このほか甲州街道や日光街道など、東京近郊の主要街道沿いの給油所も軒並み給油待ちの車が車道にはみ出しており、「29日は過去最高の販売量になりそうだ」(販売業者社長)と言う。


5月になるとこの反動でばったりと売れなくなるでしょうね。ガソリンスタンドにとっても4月はいろいろと変化がありすぎて大変だったでしょうね。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080429-00000089-jij-bus_all

ガソリン価格が150円を突破したそうです。灯油も値上がりしてこれから暖房で灯油を使う機会が増えるのに大変なことになってきました。


石油情報センターは14日、ガソリンスタンドの小売価格調査を発表したそうです。


レギュラーガソリンの全国平均価格は、前週より1リットル当たり0.2円高い150.1円と、87年の統計開始以来、初めて150円の大台を超えたそうです。



灯油(店頭)価格も18リットル当たり同11円高の1605円と、初めて1600円を上回ったそうです。ともに2週連続の最高値更新。家計に大打撃!厳しい時代です。どんだけ〜値上がりするのでしょうか???





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071114-00000109-mai-brf

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071101-00000006-yom-soci


全国各地のガソリンスタンド(GS)で1日、ガソリンや灯油など石油製品の店頭価格が大幅に値上がりし、首都圏では、看板でレギュラーガソリン1リットル=150円を超す価格を掲げるGSが次々と登場した。

原油価格の高騰を受け、石油元売り大手各社がこの日、石油製品の卸価格を1リットルあたり4〜6円程度引き上げたためだ。


原油価格の高騰はいつまで続くのでしょうか?今後も値上がりが予想されています。物価が上がっていくインフレ時代に突入したんでしょうか?これから冬に向ってガソリンだけではなく灯油も必要なのに・・・我々庶民の生活はますます大変です。

↑このページのトップヘ