ガソリンスタンドの3月の売り上げは激減しているようですね。4月1日からガソリンの値段が下がるところが増えるために、買い控えが増えているようです。1ℓあたり20円以上安くなると思われますので買い控えは当然でしょうね。ガソリンスタンドの経営圧迫にもつながってきますし大変ですね。


ガソリン税などの暫定税率の期限切れが目前に迫る中、4月1日からのガソリンや軽油の値下がりを見込んだドライバーの買い控えが、全国のガソリンスタンド(GS)で広がっているようです。


GSの業界団体「全国石油商業組合連合会」(全石連)が3月26〜27日に都道府県単位の47組合に行った緊急アンケートによると、44道府県が「何らかの買い控えが起きている」と回答したそうです。


このうち、県内などの全域で「満タンの給油が少なくなった」と答えたのは15道府県、「1000円単位や10リットル刻みなどで給油するケースが増えた」は21道府県にのぼり、ガソリン値下がりを前に「無駄遣い」を慎もうとする消費者の意識がうかがえるようです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080330-00000007-yom-bus_all