ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:キムタク

キムタクの自宅が空き巣に狙われたそうです。2階の窓ガラスに侵入しようとした形跡があったそうです。セコムの警報装置が作動して侵入防げたようです。盗まれたものもなく被害届けは出ていないそうです。


東京都目黒区にあるSMAPの木村拓哉さん(35)の自宅に何者かが侵入した形跡があり、警視庁目黒署が空き巣の可能性が高いとみて調べているそうです。



同署などによると、今月19日午後7時半ごろ、木村さん宅の警備会社の警報装置が作動したそうです。


駆けつけた同署員が調べたところ、2階の窓ガラスに侵入しようとした形跡があったという。盗まれたものはなく、被害届は出ていないそうです。


付近は高級住宅街で、今年5月にはお笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志さん方でも窓ガラスが割られるなど、空き巣に狙われたとみられる被害があったそうです。

本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081030-00000526-san-soci

「an・an」毎年恒例の「好きな男ランキング」でキムタクこと木村拓哉が1位になったそうです。これで15年連続1位で前代未聞の偉業達成のようです。すごい記録を作りましたね。


女性ファッション誌「an・an」の読者が選ぶ毎年恒例の「好きな男ランキング」が24日発売の同誌で発表され、SMAPの木村拓哉(35)が15年連続1位の偉業を達成したそうです。


キムタクは部門別でも「抱かれたい男」「おしゃれな男」など、4部門で1位に輝く圧倒的な強さを見せつけたそうです。


また、キムタクが所属するジャニーズ事務所のタレントがベスト30のうち18人を占めたそうです。

 
「an・an」の人気企画「好きな男」ランキングで、今年もキムタクが戴冠だそうです。


平成6年から15年連続。その年生まれた子供が中学3年になるのだから、その偉業の大きさが分かると思います。


V15の御礼とばかりに同誌の表紙を飾ったキムタクは、「感謝します。値段のないガソリンをたくさんいただいて、これは有効に使わなくてはと責任も感じますね」とコメントしたそうです。明日への大きな活力になったのは間違いないようです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080923-00000042-sanspo-ent

キムタク『CHANGE』の最終回視聴率が27.4%を記録して、視聴率競争でなにかと比べられていた『ごくせん』の最終回視聴率に勝ったそうです。


キムタクこと木村拓哉が総理大臣を演じることで話題を呼んでいたフジテレビ系の月9ドラマ『CHANGE』が14日(月)、ついに最終回を迎えビデオリサーチによる視聴率で27.4%(関東地区・世帯平均)を記録したそうです。


全回を通して最高視聴率、および08年ドラマ視聴率(1月から7月14日まで)においても『ごくせん』(初回)の26.4%を抜いて最高値を記録したそうです。


前回のラストシーンでは、総理が突然倒れたところで終わり視聴者からの興味を煽った『CHANGE』。


最終回となった今回の目玉は木村拓哉演じる総理の20分以上にもおよぶ長回し1カット撮影によるスピーチのシーンだったようです。


映画においてもこれだけの長さの1カット撮影は稀で、それだけの長さに耐えうるセリフも難しいそうです。


今回のスピーチ内容そのものに深いメッセージ性があり、この前代未聞のシーンを可能にしたそうです。まぁ賛否両論ですけど。しかしキムタクもホッとしているんじゃないでしょうか。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080715-00000001-oric-ent

木村拓哉の「CHANGE」の視聴率が毎週話題になりますが、6月23日放送の15分拡大特別版で視聴率が20%超えしたそうです。視聴率に一喜一憂するのはテレビ局だけだと思うのですがどうなんでしょうか。。。最終回まであと3回だそうですが視聴率が徐々に上がっていくのでしょうか?


木村拓哉が総理大臣を演じるフジテレビ系ドラマ『CHANGE』第7回が23日(月)、15分拡大SPと銘打って放送したそうです。


ビデオリサーチの調べで視聴率20.9%(関東地区・世帯視聴率)を記録したことが、分かったそうです。


サブタイトルが「衝撃の結末!! 消えた総理」となっていただけに、注目度も高まっていたようです。


4月期の連続ドラマとしては異例の1か月遅れで5月12日にスタートした『CHANGE』。政治にまったく興味の無い小学校教師が、ひょんなことから政治の世界に引きずり込まれ、自身の思惑をよそに首相に任命されてしまうという物語で、木村拓哉がその主役を演じています。


また、深津絵里、阿部寛、寺尾聰らの演技もキムタク総理を支えているそうです。


初回視聴率は23.8%。以降3回連続で20%以上をキープするも、4回目から6回目までは19%台に。今回の15分拡大版で再び20%を越えた形となったようです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080623-00000023-oric-ent

木村拓哉の『CHANGE』ドラマのテンポも速く3回目にしてもう総理大臣になっちゃいましたね。個人的には寺尾聡のワル役が気になりますが、世間一般ではもっぱら『CHANGE』と『ごくせん』の視聴率競争のようですね。


初回視聴率26.4%で好スタートも話題のドラマ『ごくせん』が23日(土)の放送で、21.1%を記録(ビデオリサーチ 関東地区 世帯平均)。


同じ週に放送されたフジテレビ系『CHANGE』(19日・月曜)は23.0%を獲得しており、19日の週では『CHANGE』が『ごくせん』を越える形となったようです。



ただ、前週の『CHANGE』(初回 12日放送)は、23.8%を獲得していたので、『CHANGE』の視聴率が伸びたというよりも、『ごくせん』『CHANGE』ともに下がっていることがわかるようですね。ちなみに『ごくせん』の前回(16日放送)は、25.3%を獲得していたそうです。


なお、昨年の1月期に放送された木村拓哉主演の『華麗なる一族』と05年1月期の『ごくせん』第2シリーズは、ともに最終回で30%を越える伸びを示しているため、今シーズンの『CHANGE』、『ごくせん』の視聴率推移も今後ますます注目されることになりそうですね。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080526-00000008-oric-ent

「武士の一分」が全米で4月にも公開されるそうです。タイトルは「Love and Honor」、Honorは光栄、名誉、誠実、正直、道義心、自尊心などの意味がありますから直訳すると「愛と名誉」とか「愛と道義心」っていう意味でしょうか。 


木村拓哉(35)主演のヒット映画「武士の一分」(山田洋次監督)が早ければ4月にも、全米公開されるそうです。


英語タイトルは「Love and Honor」。昨年、米国でも好成績を残した渡辺謙(48)主演「明日の記憶」(堤幸彦監督)の米国公開を手掛けた配給会社イレブン・アーツが、ロスをはじめ、シカゴ、サンフランシスコ、デトロイト、ホノルルなど全米の主要都市の劇場との交渉が最終段階に入っているそうです。

順調にいけば、4月から順次公開されるそうです。木村にとって主演映画の全米公開は初めてだそうです。


時代劇映画「武士の一分」は国内では06年12月から封切られ、興収41億円を記録するヒットとなったそうです。


全米公開は、メガホンをとった山田洋次監督の実績と木村のスター性が決め手となったようです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080228-00000014-nks-movi

↑このページのトップヘ