ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:クルーン

広島のブラウン監督と巨人のクルーン投手が暴言を吐いて退場になったことを受けてセ・リーグがそれぞれに厳重戒告と制裁金の処分を与えたそうです。ブラウン監督は何回目の退場処分なんでしょうか。ベースを投げるというのは一種のパフォーマンスのようになっていますね。クルーンは初めての退場処分だそうです。



セ・リーグ豊蔵一会長(80)は28日、広島マーティー・ブラウン監督(45)に厳重戒告と制裁金10万円、巨人マーク・クルーン投手(35)に厳重戒告と制裁金5万円をそれぞれ科したそうです。
 


ブラウン監督は26日の横浜5回戦(横浜)で谷球審の判定に、クルーン投手は27日の阪神6回戦(甲子園)で友寄球審の判定に、それぞれ暴言を吐いたとして退場処分を受けました。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080428-00000021-nks_fl-base

阪神に逆転サヨナラ負けした巨人。押さえのエースクルーンが9回裏2死満塁、フルカウントから、アウトコース低めに自慢の速球を投げ込みましたが、球審の判定はボール、押し出しでサヨナラ負けとなりました。ボールの判定に怒ったクルーンが審判に暴言を吐いて退場処分となりました。クルーン本人は自身満々でストライクだと思ったのでしょう、試合終了後に退場処分となるというのは珍しいケースですね。


9回裏2死満塁、フルカウントから、アウトコース低めに自慢の速球が決まったかに見えました。巨人クルーンはガッツポーズしながら三塁側ベンチへ駆け出そうとした。しかし、球審の手が上がりませんでした。


信じられない判定に、今度は本塁に向かって猛ダッシュ。友寄球審に牙をむきだしにするようにして抗議したクルーンですが判定は覆りません。

今にも殴りかかりそうな迫力がありました。阿部が必死になって止めたが遅かったようです。暴言により、来日して初めての退場処分となったそうです。


試合が終わっても興奮は収まらなかったクルーン。1度はロッカールームに引き揚げたが、再び走ってベンチへ引き返したそうです。


途中で原監督にぶつかりそうになった。ユニホームを脱ぎ、上半身裸でオレンジ色のタオルを首にかけ、肩をいからせながら、大またでバスへと向かったそうです。


「ナーバスになってた? ナーバスになんかなってない。何でだっ。 最後の球? あれはストライクだ。自信がある」。感情をむき出しのまま球場を後にしたそうです。







本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080428-00000031-nks-base

巨人がクルーンの抑えが失敗して逆転サヨナラ負けしました。やはり首位阪神の強さが一枚も二枚も上なんですね。上原も2軍落ちしたみたいだし、今年は巨人の優勝はかなり厳しいですよね。


阪神が今季初のサヨナラ勝ちしました。おめでとうございます。阪神ファンにはたまらない試合でしたね。


1点を追う9回、二死一、三塁と攻め、赤星の内野安打で同点。藤本の四球で満塁とし、続く新井が押し出し四球を選んで決着を付けました。


巨人はクルーンが逃げ切りに失敗しました。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080427-00000069-jij-spo

巨人の新守護神になる予定の、前横浜のマーク・クルーン投手用に食事メニューを変更するようです。新守護神にたいしてすごい気の使いようですね。


好きなもの、食べてもらいます-。前横浜のマーク・クルーン投手(34)の入団が決まった巨人が、来春のキャンプ、公式戦中の食事メニューを変更するそうです。


守護神の“偏食”に合わせて、好物のピザやスパゲティなどを常時、準備する予定で、日本一奪回のキーマンに最高の環境を整えるみたいです。


あるチームスタッフは「(ピザを)出すしかないでしょう。それしか(クルーンは)食べないんですから」と話したみたいです。


日本食をまったく受け付けず、ピザやハンバーガーなどのジャンクフードしか口にしない偏食の守護神。これに合わせ、来春のキャンプやシーズン中は毎日、ピザを選手サロンに用意するそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071224-00000001-dal-base

間違いなくアンチ巨人が増えるでしょう。昔から巨人は外国人選手の獲得が下手なので日本で実績を積んだ外国人選手を、高額な年棒で他球団から引っ張り込むという戦法なんでしょうか?


日本一奪回を目指す巨人が、ヤクルトを退団したアレックス・ラミレス外野手(33)を獲得すること決定的となったそうです。


2年総額12億円が基本線とみられ、細部の詰めの作業を行っている。5日には横浜を退団したマーク・クルーン投手(34)の獲得を発表したばかり。守護神に続き、懸案事項だった右の大砲も手に入れようとしており、戦力補強は着々と進んでいるみたいです。


巨人は自軍だけ強ければそれでいいと考えているんでしょうね。日本プロ野球の人気がますます低迷する予感がします。日本プロ野球界の未来が心配です・・・





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071207-00000000-spn-spo

横浜のマーク・クルーン投手(34)の残留交渉がうまくいかず、横浜との決別を宣言したそうです。

クルーンは横浜の押さえのエースで2005年から3年間で通算84セーブをマーク。日本最速161キロを記録しました。

クルーンのボールが早いのは、188cmの長身を活かして長い手足を素早く振ることができるからだそうで、日本人にはまねができないらしいですね。ボールは早いけどコントロールがいまいちなんですって。まぁスピードボールをみているだけでワクワクしますけどね。


「チャンスがあれば日本でやりたい」と言っているそうです。巨人と交渉して来年は巨人の新守護神になってしまうのでしょうか?巨人ファンにとってはうれしいニュースですね。


そうなると上原は先発に戻って、先発投手の層が厚くなりますね。


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071108-00000007-spn-spo

↑このページのトップヘ