4歳の幼稚園児の男の子がゴルフ練習場のゴルフボールを回収する装置についているベルトコンベヤーに右手をはさまれて指4本を切断するという痛ましい事故が起きました。母親がちょっと目をはなした隙にベルトコンベヤーに近づいて事故にあったようです。


30日午後1時20分ごろ、神奈川県藤沢市遠藤のゴルフ練習場「藤沢ジャンボゴルフ」(長島秀一支配人)で、近くの飲食店従業員、金井愛美さん(27)の長男で幼稚園児の海恋(かれん)ちゃん(4)が、客の打ったゴルフボールを回収するベルトコンベヤー(長さ20メートル)のチェーンに右手を挟まれ、親指を除く4本の指先を切断する重傷を負ったそうです。


県警藤沢北署が練習場から事情を聴くなどして原因を調べているそうです。


調べでは、ベルトコンベヤーは客が打ったボールを回収して1〜3階の打席に戻すための装置で、チェーンを通じてモーターの回転をベルトに伝える仕組みだそうです。


コンベヤーは、練習場の建物と周囲の植え込みの間の幅約1メートルのスペースに計3基をつなげる形で設置されていたそうです。


海恋ちゃんは、打席から打つ方向に向かって左側のコンベヤーのチェーンにはさまれたそうです。


金井さんは友人から車を借りるために敷地内の駐車場に来ていた。目を離したすきに海恋ちゃんがコンベヤーの設置スペースに入り込んだそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080330-00000076-mai-soci