ステーキチェーン「ペッパーランチ」で角切りステーキを食べたお客さんがO157による食中毒になってしまったそうです。発症者は11人で子どもも含まれているそうです。重症者はいないそうです。


ステーキチェーン「ペッパーランチ」を運営する「ペッパーフードサービス」(東京都墨田区)は5日、東京、大阪、埼玉など7都府県の計7店舗で食事をした客が病原性大腸菌O(オー)157による食中毒を発症したと発表したそうです。

 
発症者は子供を含む計11人で、重症者の報告はないそうです。

 

同社によると、発症者が食事をしたのは東京、大阪、京都、奈良、埼玉、山口、愛媛の各1店だそうです。



このうち山口県防府市の山陽自動車道・佐波川サービスエリアの店舗では、8月23、24日に食事をした男児3人を含む4人がO157の食中毒と断定されたそうです。


同県は、同店を今月5日から3日間の営業停止処分としたそうです。

 

発症者はいずれも、熱した鉄皿で、生のオーストラリア産牛肉の「角切りステーキ」を焼いて食べたそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090905-00000720-yom-soci