ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:ダイエット成功




友近が3ヶ月で8キロのダイエットに成功してビキニ姿でCMに出るそうです。ウエストも19センチ減ったそうです。58キロから50キロまで体重を落としたナイスバディを披露しているそうです。


3カ月で8キロ、ウエスト19センチ減のダイエットに成功したお笑いタレントの友近さん(35)が公約通り「DHCプロティンダイエット」の新CMでビキニ姿を披露したそうです。13日から全国で放送されているそうです。



CMで、大きなサングラスをかけた友近さんは番組スタッフと打ち合わせ中に、「脱ぎましょうか?」と必要以上に脱ぎたがり、その理由は「ダイエットしたから」と自信満々に言い切って、金色のビキニ姿を披露するそうです。



友近さんはCMの決めぜりふを自ら考案したそうです。



奇麗になって恋や仕事に「さぁ、忙しくなるわよ」というせりふと、ダイエット成功の素直な感想を語った「こんなの、初めて」を現場で考えたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090513-00000004-maiall-ent


元横綱の貴乃花光司親方が2年かけて80キロのダイエットに成功したそうです。80キロってすごいですね。ダイエットに成功した要因は「健康に暮らしたいから」だそうです。とても強靭な精神力ですね。160キロから80キロにまで体重を減らしたそうです。


元横綱の貴乃花光司親方が7日(火)、都内で現役引退後初の著書『貴流 心 氣 体』発売記念イベントを都内で行ったそうです。


2年で80キロの減量に成功した自身の経験や、四股を取り入れたストレッチ法を収録した同書をアピールした貴乃花親方は、かつてしのぎを削った元横綱で現在プロレスラーとして活躍中の曙太郎に「ぜひ読んでいただきたいですね」とダイエットを促したそうです。



現役時代は160キロあった体重も、現在は約半分の体重まで落とした貴乃花親方。


現役時代の写真と今を見比べると「別人みたいですね」と苦笑いだったそうです。


急激な痩せ方に周囲から心配の声があがったことには「激ヤセし過ぎたのかな……」と目を細めつつ、減量に励んだ理由として「健康に暮らしたいなと。弟子たちにも『引退したら肉を落とせ』と言ってやりたくて」と大きな体ゆえに起こる、さまざまな病のリスク軽減を訴えたかったそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090407-00000019-oric-ent

KONISHIKIが3ヶ月で70キロのダイエットに成功したそうです。70キロって成人男性1人分ですよね。すごいです。でも普通の人はなかなかマネのできないダイエット法です。2008年3月に胃の入り口を狭めるガストリックバイパス手術を受けたそうです。これにより食べる量を減らして、節制を重ねて70キロのダイエットに成功したようです。



元大関でタレント兼音楽プロデューサー、KONISHIKI(44)が体重300キロから70キロの減量に成功したそうです。


一昨年末から体調管理を理由に故郷の米ハワイで生活してきたが、30日に1年ぶりに来日するそうです。


6月1日にはFMヨコハマのレギュラー番組「KONY ISLAND」(日曜正午)に生出演し、スリムになった体で初めて肉声を披露するそうです。


巨象のような体がトレードマークのKONISHIKI。減量方法もまた、ダイナミックだったようです。


今年2月25日に胃の縮小手術を受けてから、3カ月で体重を減らすこと70キロ。日本の成人男性の平均体重がおよそ65キロといわれる中、なんと1人分の体重を減らしてみせたのでした。



タレントに転身して10年目を迎えた一昨年末、芸能活動を休止状態にして故郷のハワイ・オアフ島に移住。「心と体の休養をとるのが目的」と体調管理を理由に挙げていたが、体重が“大台”を超え、ついに究極の決断を下したそうです。


地元の病院で受けたのは、胃の入り口を狭めるガストリックバイパス手術。肥満の“元凶”ともいえる胃に直接、メスを入れる荒業だそうです。


術後の節制によって、230キロとスリムになったKONISHIKI。30日の来日で、その体が日本初公開されるそうです。


来月1日にはFMヨコハマ「KONY ISLAND」に生出演。ハワイ移住後も現地と日本のスタジオを電話回線でつなぎ、レギュラー出演を続けてきた同番組でスリムになった“第一声”を伝えるそうです。


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080530-00000032-sanspo-ent

↑このページのトップヘ