ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:テレビ宮崎

テレビ宮崎の柳田哲志アナウンサーが、尻相撲大会の生中継中に、頚椎(けいつい)骨折などの重傷を負い当初全身麻痺状態と報道されていましたが、すでに両手が動くまでに回復しているそうです。入院、リハビリと大変でしょうががんばってください。


宮崎県高千穂町で14日に行われた尻相撲大会の生中継中に、頚椎(けいつい)骨折などの重傷を負ったテレビ宮崎の柳田哲志アナウンサー(40)について、同局は16日、「両手も動くようになり快方に向かっている」と話したそうです。


同局によると、柳田アナは15日に手術。「個人情報なので」と詳細は明かしていないが、生命に別条はなく意識もはっきりしているそうです。


集中治療室(ICU)に入っているが、すでに両手が動くまでに回復しているそうです。

 
柳田アナは14日午後、「どろりんピック2008」の尻相撲大会に飛び入り参加し、発泡スチロール製の土俵から水深約10センチの水田に頭から突っ込んだそうです。


「どろりんピック」の取材は初めてで、尻相撲も初体験だったそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080617-00000008-sph-soci

14日午後2時ごろ、テレビ宮崎の柳田哲志アナウンサー(40)が、宮崎県高千穂町で開催された尻相撲大会の生中継中に、首の骨を折る事故が起きたそうです。


高千穂署やテレビ宮崎によると、柳田アナは同局の情報番組「JAGAJAGA天国」の中継リポーターとして、地元JAが主催した「どろりんピック 2008」の競技の一つ、水田での女尻相撲大会に参加したそうです。

水田に土俵に見立てた発泡スチロールの板(縦2メートル、横1メートル、高さ30センチ)の上で尻をぶつけ合い、落ちた方が負けというルールで、柳田さんは30歳代の女性と対戦したそうです。


わずか数秒で押し出された。その際、深さ約10センチの水田に水泳の飛び込みのような形で頭から突っ込んだそうです。

そのとき、周囲には「ボキッ」と骨が折れる音が響いたといい、動かない柳田さんを心配したスタッフが助け出したそうです。この一部始終は生中継されたそうです。ショッキング映像ですね。


柳田さんはヘリコプターで熊本市の病院に搬送されたが、頸椎(けいつい)骨折の重傷だそうです。意識はあり、命に別条はないが、首から下が動かない全身マヒの状態だそうです。


同署は水田に落ちた際、押し出された勢いに加え、周囲を盛り上げようと柳田さんが大げさなアクションをして、十分な受け身を取れなかったことが事故の原因とみているそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080614-00000137-jij-soci

↑このページのトップヘ