デヴィ夫人が玉置浩二と石原真理子の破局を予言していたそうですが、多分世の中の多くの人が予想していたことでしょうから、別にすごくもなんともないですね。玉置と石原がくっつこうが離れようが世間は全く気にしていません。



国際文化人でタレントのデヴィ夫人が4日付の自身のブログで、歌手・玉置浩二と女優・石原真理(石原真理子から改名)の破局報道に触れ、「今年2月27日の私のブログで予言したとおり」「マスコミが騒げば騒ぐほど喜ぶ 彼女の思う壺。。。。。。」などと、辛らつに批判したそうです。



デヴィ夫人は、石原が“半年前の玉置との復縁”や“3度にわたる改名”、“実名で男性遍歴を綴った自叙伝を出版”したことを引き合いに、「落ち目だと必ず話題を作ってメディアに登場」と酷評しているそうです。



デヴィ夫人が破局を予言した?という玉置と石原の復縁報道直後の2月27日付のブログは、「“奇跡”は23年間会っていなかったから、起こったのでしょう」「この二人の愛は『偽りの上に立っている気がする』と、一人のコメンテーターが言ってました。私もなぜかそんな気がします」などと書かれているそうです。


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090905-00000000-oric-ent