ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:トヨタ




トヨタが来年「iQ]をベースにした世界最小のスポーツカーを発売するそうです。新型車は多くの人が買えるよう200万円を切る価格に抑えられるそうですが、価格などの詳細情報は出ていないそうです。若者の車離れを抑えるためだそうですがその戦略が当たるかどうかは自動車のデザイン・性能・価格にかかっているでしょうね。



トヨタ自動車が世界最小級のスポーツカーを開発しているそうです。



6月に就任する豊田章男次期社長の肝いりで、深刻な若者の車離れなどに対応するのが狙いだそうです。


トヨタブランドとしては10年ぶりの新型スポーツカーで、業績悪化で苦戦する中、新しいファン開拓に攻めの一手を打つそうです。発売は来年のようです。



 
ベースになるのは、全長2.98メートルと市販の4人乗り乗用車では世界最短の「iQ(アイキュー)」。



6速マニュアル変速機を採用するとともにサスペンションなども改良し、走行安定性を高める見通しだそうです。



iQはガソリン1リットルで23キロ走れる燃費のよさも特徴で、環境面にも配慮するそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090513-00000021-maip-bus_all

トヨタが北米と英国で正社員1000人規模のリストラを行うそうです。ついに正社員まで削減の対象になってきました。まずは海外の工場からのようですが不景気が続くと国内にも波及してくる可能性がありますね。そんなことにならないように一刻も早く景気回復が期待されます。


トヨタ自動車が、北米と英国の工場に勤務する正社員の削減を検討しているそうです。

 
削減数は1000人規模に達する可能性があるそうです。世界的な販売不振に伴い工場の稼働率を落とした結果、雇用の余剰感が高まっていたそうです。


トヨタが海外で本格的な人員削減に踏み切るのは異例だそうです。一時解雇や早期希望退職を募集するほか、残った社員の賃金の引き下げなども検討しているそうです。


トヨタの北米11工場に約3万人、英国工場には約5000人の正社員がいるそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090123-00000016-yom-bus_all

トヨタ自動車が1500億円の赤字に転落するそうです。本当に未曾有の危機ですね。日本経済は今後どうなってしまうのでしょうか。100年に1度の危機などといわれていますが本当に先行きが不安で心配ですね。


トヨタ自動車は22日、2009年3月期決算(米国会計基準)の業績予想を下方修正し、連結営業利益が、前年度に過去最高だった2兆2703億円から一気に1500億円の赤字に転落すると発表したそうです。

 
世界的な景気低迷で、08年度のグループの新車販売台数が、07年度より約140万台少ない754万台に落ち込むうえに、急激な円高も重なり、収益が悪化したそうです。


トヨタは終戦直後の混乱期の1950年3月期(単独)に税引き前利益が赤字になったことがあるそうです。通期の営業赤字は、創業直後の38年3月期以来、2度目だそうです。

 
トヨタは11月時点で業績予想を1兆円下方修正して6000億円の営業黒字になるとしていたそうです。


しかし、販売台数の大幅減が確実になり、前期に比べて販売減で1兆1800億円、円高の影響で8900億円分の利益が吹き飛んだそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081222-00000039-yom-bus_all

トヨタ自動車が国内工場を週休3日にするそうです。そのぶん当然給料も減るでしょうから社員も大変ですね。でもリストラされるよりはマシですね。


トヨタ自動車は16日、世界的な販売不振に対応するため、来年1月末以降、ほぼすべての国内工場で週休3日を導入する方針を固めたそうです。


土曜、日曜に加え、一部の金曜も生産を休止するそうです。グループの車体メーカーのトヨタ車体(愛知県刈谷市)も同調するそうです。


減産に伴う平日の操業停止は、急激な円高に見舞われた93年8月以来15年ぶりとだそうです。

 
トヨタの国内工場は原則週休2日制だが、来年1月以降、国内生産を前年比約3割減とするのに伴い減産体制を拡大するそうです。


1月30日の金曜に貞宝工場(愛知県豊田市)を除く国内11工場で生産ラインを止め、2月以降の減産体制は今後詰めるそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081216-00000055-mai-bus_all

トヨタ自動車ほどの優良企業でさえ下期赤字に転落する見通しだそうです。アメリカ発の金融危機はいったいどこまで悪影響を与え続けるのでしょうか。


トヨタ自動車が、平成21年3月期の連結業績予想を再度下方修正する方向で調整しているそうです。

下期(10−3月)の営業損益は1000億円規模の赤字に転落する見通しだそうです。半期ベースの営業赤字は米国会計基準を導入した11年以降で初めてだそうです。


金融危機に伴う景気悪化で新車販売台数は世界的に落ち込んでいるほか、1ドル=90円を突破する急激な円高も利益を圧迫するそうです。

 
トヨタは11月の中間決算発表時に通期の連結業績予想を大幅に下方修正。営業利益は従来予想を1兆円も下回る6000億円(前年同期比73・6%減)となる見通しを示し、市場では「トヨタ・ショック」と呼ばれたそうです。

 
トヨタの上期の連結営業利益が5820億円。もともと下期の営業利益はわずか180億円にとどまる見通しだったが、これがすべて吹き飛ぶ形だそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081213-00000515-san-ind

トヨタの人気のミニバン「ノア」「ヴォクシー」がリコールになったそうです。平成13年11月7日から平成19年5月31日までに製造された62万8239台が対象のようです。大きく揺れるような走行を繰り返すと燃料タンクに亀裂が入り、燃料が漏れる可能性があるそうです。

「ノア」「ヴォクシー」のユーザーの方は、大きく揺れるような走行はしないようにしましょう。


トヨタ自動車は9日、燃料タンクに亀裂が入る恐れがあるとして、「ノア」などミニバン2車種・62万8239台のリコールを国土交通省に届け出たそうです。対策費用は公表していないようです。


対象は「ノア」と「ヴォクシー」で、2001年11月7日─07年5月31日に製造した車両だそうです。

燃料タンクの車体への取り付けが不適切で、大きく揺れるような走行を繰り返すと亀裂が生じ、燃料が漏れる可能性があるそうです。これまでに16件の不具合が報告されているそうです。事故の報告はないようです。


トヨタはこれとは別に、07年6月7日─11月23日に製造した「ノア」と「ヴォクシー」・2623台についても、制御プログラムの不具合でエンジン停止の恐れがあるとして国土交通省にリコールを届け出たそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080409-00000283-reu-bus_all

トヨタ「ハイエース」を1年半の間になんと100台盗んでいた窃盗団が摘発されました。盗んだハイエースは海外に売却していたようです。海外でハイエースは人気があるんでしょうか。性能や耐久性の面でハイエースがよく売れるようですね。



日本損害保険協会は07年11月に保険金を支払った事業(車両盗難825件、車上荒らし3138件)を対象に自動車盗難事故実態調査を実施し、盗難被害が一番多かったのは「ハイエース」だった、というニュースが先日ありましたが、この窃盗団のせいでしょうね。



千葉県警が窃盗容疑などで摘発した男6人が、関東などでトヨタのワゴン車「ハイエース」を狙って盗みを繰り返していた疑いのあることが、県警の調べでわかったそうです。


耐久性の良さなどから人気が高く、商用車使用が多いため夜間に無人の事業所駐車場などから盗まれるケースが相次いでいるそうです。


男らは、昨年12月までの1年半の間にハイエース計約100台(約1億数千万円相当)を盗んでいたことを供述しており、発展途上国への売却ルートの存在も浮上し、県警は組織の実態解明を進めているそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080329-00000027-yom-soci

↑このページのトップヘ