ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:トルエン

トルエンが検出された伊藤ハムのウインナーを食べた人たちから、腹痛や下痢、舌のしびれなどの健康被害を訴える人が出ているそうです。なぜトルエンが混入したのかは現在調査中のようです。


伊藤ハム東京工場(千葉県柏市)で製造されたウインナーからトルエンが検出された問題で、この商品を食べた5人が腹痛や下痢などの健康被害を訴えていたそうです。


製造を委託した生活協同組合連合会ユーコープ事業連合(横浜市港北区)が発表したそうです。伊藤ハム製品を巡る一連の化学物質混入問題で初の健康被害となるそうです。

 
発表によると、商品は「CO・OPあらびきポークウインナー」(賞味期限11月4日)で、同連合が24日から1万410袋を回収したそうです。


購入者への電話連絡の際、これまでに神奈川県の2人(川崎市、鎌倉市)と静岡県の3人(静岡市2人、浜松市1人)が「腹痛や下痢になった」「食後に気分が悪くなった」「舌がしびれた」などと訴えたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081030-00000041-mai-soci

中国製の食品は本当に危険です。中国から輸入したつぶあんに有害物質のトルエンが検出された問題がありましたが、茨城県でも同じ製品のつぶあんからトルエンと酢酸エチルを検出したそうです。このつぶあんを食べた40代女性は手に力が入らなくなるなどの症状が出たそうです。


食品輸入販売会社「マルワ食品」(静岡県磐田市)が中国から輸入したつぶあんから有害物質のトルエンなどが検出された問題で、茨城県は15日、県内で販売された同じ商品から微量のトルエンと酢酸エチルを検出したそうです。


このつぶあんを9月中旬に食べた同県常総市の40代の女性が、手に力が入らなくなるなどの異常を訴えたが、その後、症状は治まったそうです。

 
このつぶあんは今年9月、名古屋市中川区の男性が食べてめまいを起こし、中川保健所がトルエンと酢酸エチルを検出した商品と同一だそうです。

 
県によると、女性は9月中旬に同県かすみがうら市内のスーパーで、1キロ入りのつぶあんを購入したそうです。2口食べた後、手に力が入らなくなったそうです。


その後、同じ商品からトルエンが検出された報道を知り、今月8日に常総保健所へ届け出たそうです。


県が女性宅に残っていたあんを調べたところ、トルエン0.018ppm、酢酸エチル0.35ppmが検出されたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081015-00000160-mai-soci

また中国製の食品から有害物質が検出されたそうです。トルエンと酢酸エチルが混入していたそうで、このあんを買って食べた男性がめまいを起こし、気分が悪くなったと保健所に訴えたそうです。中国製の食品は本当に恐ろしいですね。


名古屋市中川区のスーパーで9月、袋詰めのつぶあんを買って食べた同区内の男性がめまいを起こし、気分が悪くなったと中川保健所に訴えたそうです。


保健所が残っていたあんを調べ、今月2日に有害物質のトルエンと酢酸エチルを検出したそうです。


あんは静岡県の会社が輸入した中国製で、市は同県を通じてこの会社から商品の輸入時期や流通経路を聴くとともに、農薬などがあんに混入していなかったかどうかも調べているそうです。

 
市によると、男性宅に残っていたあんからは、トルエン0.008ppm、酢酸エチル0.16ppmが検出されたそうです。


また、近くのスーパーで売られていたあんからもトルエン0.008〜0.010ppm、酢酸エチル0.11ppm〜0.28ppmが検出されたそうです。



食べた男性はつぶあんの袋をすぐに捨てたため、どこのスーパーで買ったかは不明だが、同店で購入した可能性が高いそうです。

 
男性は9月25日に保健所に苦情を訴え、入院はせずに回復した。市食品衛生課は検出された物質の量について「微量でただちに命にかかわることはない」としているそうです。







本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081007-00000011-maip-soci

↑このページのトップヘ