牛の糞や下水の汚泥から作る「バイオガス」と呼ばれるは天然ガスとほぼ同じのメタンガスだそうです。原油や化石燃料の代替エネルギーとして注目されているそうです。


 
たかが牛糞と侮ってはいけません。こうした有機性の廃棄物を発酵させると天然ガスとほぼ同じ成分のメタンガスができるそうです。


「バイオガス」と呼ばれ、スウェーデンなどではすでに、新エネルギーとしてバイオエタノール以上の広がりをみせているそうです。


日本国内でも普及に向けた動きが加速しつつあるそうです。

 
その実用化に意欲を見せるのが、環境分野に復活をかける商社の兼松だそうです。


今年1月、同社は出光興産など11社で、新会社法で認められた「合同会社」方式によって「バイオガス・ネット・ジャパン」を設立。代表となった兼松が事業化への取り組みをリードしてきたそうです。

 
バイオガスの原料はいってみれば、畜産農家や下水処理場、ごみ処理施設から出る単なるゴミだそうです。


同じバイオ燃料でも、大量のサトウキビやトウモロコシを使用するバイオエタノールとは異なり、穀物価格の高騰をまねく心配もないですね。



さらに「二酸化炭素の21倍もの温暖化効果があるメタンガスの排出を削減でき、化石燃料の使用減にもつながる、一石二鳥のエネルギー」(兼松事業推進部)。工場内での熱利用をはじめ、将来的には家庭などでの活用も期待されているそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080828-00000001-dol-bus_all