首都高速の側壁にバイクが衝突してそのまま飛び越えて運転していた男性が全身打撲で死亡したそうです。事故の原因は調査中だそうですが、スピードの出しすぎが考えられますね。


4日午前8時10分ごろ、東京都品川区東大井の首都高速1号羽田線下りをオートバイで走っていた台東区橋場、会社員、秋沢賢一郎さん(40)が高さ約1メートルの側壁に衝突したそうです。


そのまま側壁を飛び越え、約2.5メートル下の高速道路補修工事用の足場に落ちたそうです。男性は全身を強く打ち、まもなく死亡したそうです。

 
警視庁高速隊の調べでは、現場は2車線のゆるい右カーブで、見通しは良いそうです。


同隊で身元の確認を急ぐとともに、原因を調べているそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080904-00000940-san-soci