ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:ピンチ

秋田犬は「あきたけん」ではなく「あきたいぬ」が正しい読み方だそうです。日本犬で唯一の大型犬種で、昭和6年に国の天然記念物に指定されたほどの有名さ犬種です。その秋田犬を飼う人が少なくなっているため、国内での存続がピンチになっているそうです。


日本を代表する犬種が近年、先の大戦以来の危機に陥っているそうです。


「秋田犬保存会」の長谷部明夫事務局長によると、保存会は昭和2年、より強く大きな闘犬を生み出そうと洋犬との交配が進んでいた土着の大館犬(秋田犬)を守る目的で、ハチ公の古里、秋田県大館市を本部に設立されたそうです。


保存会では、純血の秋田犬の犬籍登録業務や品評会「秋田犬展覧会」を開催。米国や台湾の海外支部を含め国内外に60近い支部があるそうです。


保存会によると、47年度には1万4199人いた会員が、昨年度2815人。さらに犬籍登録数も47年度の4万6225頭から、一昨年度はわずか2102頭と、ピーク時の20分の1以下にまで急減しているそうなんです。


「秋田犬は顔が洋犬に比べて垢(あか)抜けない感じ」とは秋田市の男性愛犬家(35)。長谷部さんも「洋犬や小型犬のペットブームに押され、秋田犬の愛好者が減っていることが要因」と話しています。


さらに近年の日本の住宅事情の悪化、高齢化や都市一極集中の波が、秋田犬の減少に追い打ちをかけていると指摘したそうです。


秋田犬は国内唯一の大型犬。このため、マンションに住む企業勤めの愛犬家が多い都市部では、秋田犬の飼育に必要な1日2回以上の散歩時間が取れない上、部屋の大きさなどから敬遠されどうしても室内犬の需要が高くなっているそうです。


一方、農村部でも少子高齢化が進み、高齢者だけでは力の強い秋田犬の散歩など飼育そのものが重労働となり泣く泣く手放す人が多くなっているのだそうです。


逆に海外では人気が高くて飼う人も年々増加傾向にあるそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080624-00000018-san-l05

母の日といえばカーネーションですが、生産農家がこの原油高と安い輸入品に押され廃業する生産農家も増えているそうです。4ヶ月で400万円の暖房費がかかるそうです。原油高の影響で温室の暖房費が2割上がってけど、価格に反映できないのでカバーしきれないそうです。



2008年5月11日の「母の日」を前に、カーネーションの出荷がピークを迎えています。


今年は定番の赤のほかに、ピンクやオレンジ、グリーンと豊富な色が花屋に並んでいます。


しかし出荷する農家は原油の値上がりに「とてもコストをカバーできない」と悲鳴を上げているそうです。さらに安い輸入品にも押され、廃業する生産者が後を絶たないそうです。

愛知県一色町は、年間約1800万本のカーネーションを生産している。出荷量は全国で1、2位を争うそうです。


「原油高の影響で温室の暖房費が約2割上がった。とてもカバーしきれない」

生産者からこんな悲鳴があがっているそうです。ある農家では、07年12月から08年3月までの4カ月間で、400万円の暖房費がかかったそうです。


「一時的ではなく、今後も原油高が続くことを考えると、もうどうしようもない」と途方にくれているそうです。このままでは国産のカーネーションがなくなってしまうかもしれません。何とかならないんでしょうか・・・・












本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080429-00000000-jct-soci

↑このページのトップヘ