ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:マドンナ

2008年に、アメリカの音楽シーンでもっとも稼いだアーティストは、マドンナだったそうです。220億円も稼いだそうです。ツアーによる収益が大きな割合を占めているそうです。すごい金額を稼ぐんですね。


『ビルボード』誌の発表した高所得者リスト“Moneymakers”によると、マドンナの昨年の収入は、なんと2億4,217万ドル(約220億円)にも上るそうです。


その大半は、世界中で大成功を収めた“スティッキー&スウィート”ツアーの収益によるものだそうです。



マドンナに次いで、2位にはボン・ジョヴィ(1億5,717万ドル)がランク・イン。以下、3位にブルース・スプリングスティーン(1億5,632万ドル)、4位にザ・ポリス(1億997万ドル)、5位セリーヌ・ディオン(9,917万ドル)と、いずれもツアーが大盛況だった面々がトップ5を占領したそうです。


アーティストにとって、今や楽曲のセールスよりもツアーによる収益の方が、総収入においてはるかに大きな割合を占めることを物語る結果となったそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090213-00000001-vibe-musi

マドンナの離婚協議で夫への財産分与が60億円だそうです。すごい金額ですね。
夫婦共同の資産が520億円だそうですがそのほとんどはマドンナのものだそうですから、このくらいの金額になるんでしょうか。


共同資産が5億2500万ドル(約520億円)と言われているマドンナとガイ・リッチーの離婚は財産分与で泥沼の争いになると思われたが、ガイがマドンナの提示額に合意してあっさり決着がついたとイギリスのザ・サン紙が報じたそうです。

 
財産に関する婚前契約を結んでいなかったため、法律上は共同資産の50%を要求する権利がガイにはあったが、時価1200万ドル(約12億円)の持ち家とロンドンにあるパブ、現金6000万ドル(約60億円)で納得したようです。


「ガイは断固たる態度をとろうと考えたときもあったようだが、長期間にわたる金銭の争いは避けたいと判断した」とザ・サン紙は述べているそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081020-00000036-flix-movi

4月からスタートする木村拓哉の月9ドラマ「CHANGE」の主題歌は、マドンナの「マイルズ・アウェイ」になったそうです。木村拓哉が学校の先生からふとしたきっかけで政治家になり、そして総理大臣になるという壮大なドラマだそうです。



米人気歌手、マドンナ(49)が、SMAP・木村拓哉(35)主演のフジテレビ系「CHANGE」(4月スタート、月曜後9・0)の主題歌を手掛けることになったそうです。

マドンナがドラマの内容を聞いて完成させたバラード曲「マイルズ・アウェイ」で、彼女の楽曲がテレビ番組の主題歌になるのは世界初のようです。



関係者によると、スケール感があり、夢や希望にあふれたドラマだからこそ、主題歌も世界的なスケールの大きいアーティストにお願いしたいと制作スタッフは考えたそうです。


そこで、名前が挙がったのがマドンナ。四半世紀にわたってヒット曲を放ち続ける一方で、英映画監督、ガイ・リッチー氏(39)の妻として、2人の子供の母として、そして女優としても、世界中の人々に夢を与え続ける姿に共感したからだそうです。


ドラマも主題歌もヒット間違いなしでしょう。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080317-00000032-sanspo-ent

↑このページのトップヘ