ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:マリナーズ

マリナーズの一員としてキャリアを終えることは光栄に思います。

MLBの公式サイトは「Ichiro to announce retirement today」(イチローが今日引退発表へ)との見出しで伝えたそうです。

 ESPNも「関係者談:イチローが木曜(今日)の試合後に引退する」のタイトルで、「イチロー・鈴木は東京での木曜(21日)の試合後に引退するとシアトル・マリナーズに伝えたことを、関係者がESPNに認めた」と伝えたそうです。

 イチローが出場しているマリナーズ−アスレチックスが行われている東京ドームでは、報道を受けて客席がざわめく場面も。その後、右翼へ打球が飛ぶたびに大歓声、大きな拍手が沸き起こったそうです。

 第1打席はアスレチックスの先発右腕のエストラダを前に三邪飛、第2打席は二ゴロに倒れ、スタンドは「あ〜」とため息が充満したようです。

 七回無死二塁の場面で迎えた第3打席は右腕ソリアとの対戦。

137キロ外角高めの変化球に手が出ず、見逃し三振に倒れたそうです。




マリナーズ対タイガース戦で1−1延長15回にさっきまでマスクをかぶっていた捕手のバークを7番手投手として登板させたそうです。簡単に1点を取られて破れたそうです。ブルペンに投手が残っていたにもかかわらず、この不可解な采配にマリナーズナインもしらけきっていたそうです。


選手もやる気をなくす迷采配はナゼなんでしょうか?よくわかりませんね。


球宴に8年連続出場が決まったマリナーズ・イチロー外野手(34)は「1番右翼」で先発出場。6打数1安打1四球だったそうです。


第1打席から中飛、遊直、三ゴロ、遊撃内野安打、二ゴロ、四球、左飛で打率は3割2厘。日米通算3000安打まであと19本としたそうです。


城島健司捕手(32)は「7番捕手」で先発出場。3打数無安打でベンチに下がったそうです。打率は2割2分だそうです。


マリナーズは1−1の延長15回表、何とさっきまでマスクをかぶっていた捕手のバークを7番手投手として起用したそうです。


ブルペンにはローズら数人投手が残っていただけに、何とも不可解な采配だったそうです。


急造投手のバークは先頭のカブレラに二塁打を許すと、暴投と犠牲フライであっさりと勝ち越しを許したそうです。


1点には抑えたものの、ブルペンで待機していたローズは明らかにふて腐れ、マ軍ナインもしらけきった表情だったそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080707-00000006-nks_fl-base

マリナーズのマクラーレン監督が解任されたそうです。25勝47敗勝率3割4分7厘の成績では致し方ないでしょう。イチローも城島もショックを受けているそうです。新しい監督の下で何とか挽回して欲しいですね。



マリナーズは19日(日本時間20日)、ジョン・マクラーレン監督(56)の解任を発表したそうです。


後任はジム・リグルマン・ベンチコーチ(55)。同コーチはカブス、パドレスで監督経験があるそうです。


イチロー、城島が主力に座るマリナーズは今季、ア・リーグ西地区優勝候補と期待されたが、19日現在で大リーグ全球団最低の25勝47敗、勝率・347。16日にはビル・バベシGMが解任されています。


マリナーズは昨季、マイク・ハーグローブ監督が7月に辞任しており、2年続けてシーズン途中の監督交代だそうです。今季、シーズン中に解任されたのはメッツのランドルフ監督に続いて2人目だそうです。やはりメジャーは厳しいですね。


この日、チームはシアトルからアトランタへ移動。直前に本拠地で行われた約10分間のミーティングで、指揮官の解任が選手に伝えられたそうです。


球団関係者は「今は話せる雰囲気ではありません」と、イチロー、城島の様子を伝えたそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080620-00000024-dal-spo

日本が誇るメジャー選手といえばやはりイチローですね。イチローがメジャーリーグNO.1のセンターに選ばれました。イチローに新たな勲章が増えましたね。


米大リーグ、マリナーズのイチローが、“メジャーNO.1センター”の座に輝いたそうです。

米スポーツ専門局『FOXスポーツ』電子版は20日、メジャー全体のポジション別ベストプレーヤーを発表しました。


三塁手にはヤンキースのアレックス・ロドリゲス、ライトにはエンゼルスのブラディミール・ゲレーロらそうそうたる顔ぶれが並ぶ中、イチローを最高のセンタープレーヤーに選出したそうです。


その理由として、昨季3割5分1厘というハイアベレージを残し、アメリカンリーグ9位となる出塁率3割9分6厘を残した点を挙げたようです。


さらに、守備範囲の広さ、肩の強さに加え、走塁面でも、メジャー通算272盗塁、盗塁成功率80.5パーセントという驚異的な実績を残していると高く評価しているみたいです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080120-00000003-spnavi-base

↑このページのトップヘ