ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:メタミドホス

中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、中国国内で流通された天洋食品のギョーザを食べた中国人が中毒症状を起こしたそうです。日本と中国それぞれが相手国でメタミドホスで混入されたとの食い違う見解でしたが、これで中国国内で混入した可能性が高くなりました。それにしても不思議なのは日本政府は中国からサミット前にこの事実を知らされていたそうなんですが、8月6日まで公表しなかったのはなぜなんでしょうか?


北京オリンピックとかが関係しているんでしょうかね?



中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、製造元の「天洋食品」(中国河北省)のギョーザを食べた同国内の中国人が、有機リン系殺虫剤メタミドホスによる中毒症状を起こしていたそうです。


関係筋が6日、明らかにした。日本の事件後に回収した品とみられ、中国国内でも同様の事件が発生したことで、殺虫剤は現地で混入した可能性が濃厚になったそうです。



日本政府は今後、中国側から事実関係の正式な伝達を受けた上で、日中の捜査協力を本格化させたい考えだそうです。



関係筋によると、中国側は、7月に開かれた北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)の前、この事件を日本側に伝えてきたそうです。


外務省幹部は「途中経過を知らせてきた。中国側がさらに詳しい調査をすることになっている」と語ったそうです。


 
中毒症状の被害人数や症状は不明だが、千葉県や兵庫県の事件と同様、ギョーザに含まれていたメタミドホスが原因と特定されたそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080806-00000041-jij-soci

未開封の冷凍ギョーザのパッケージ内側からメタミドホスが検出されたそうです。結果的に中国で殺虫剤を混入されたことが確実になったようです。犯人を見つけるに犯人になったつもりでギョーザ製造過程のどのタイミング混入が可能かを考えればいいと思いますがどうでしょうか?


ギョーザよりもパッケージの袋に殺虫剤が付着していたことから、袋の製造工場や袋の管理状態も詳しく調べていることでしょう。


中国製冷凍ギョーザの中毒事件で兵庫県警は7日、大阪府枚方市の小売店から返品された冷凍ギョーザ11袋のうち新たに2袋から、有機リン系殺虫剤メタミドホスを検出したそうです。


ともに未開封で、1袋はパッケージの外側だけに付着。もう1袋は内側からも検出し、パッケージに穴はなかったそうです。


一連の事件で、完全に密封状態のパッケージの内側からメタミドホスを検出したのは初めて。中国での製造過程で混入したことが確実になったようですね。 



枚方市のスーパー「ハッピース枚方」が昨年12月28日、「外側がベトッとしている」として輸入元のジェイティフーズ大阪支店に返品した「中華deごちそう ひとくち餃子」11袋のうちの2袋。


輸入商社の双日食料(東京都港区)が1月9日、民間検査機関に検査を依頼。検査機関は開封せずに外側だけを調べ、同18日に「リンの成分を検出」と報告したそうです。

兵庫県高砂市の事件のギョーザと同一製造日(昨年10月1日)のため、同県警が今月4日に回収し、鑑定していたようです。



その結果、2袋とも外側からメタミドホスを検出。密封状態の1袋は内側からも検出したそうです。


外側のみ検出した袋は、表側の下部に直径0.2ミリ程度の穴が開いていた。2袋ともギョーザやトレーからは検出しなかったそうです。


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080207-00000123-mai-soci

中国製ギョーザ中毒事件で、有機リン系殺虫剤「メタミドホス」は何者かが人為的に
混入させた可能性が高くなってきました。愉快犯的犯行なのかそれとも製造元の工場に恨みを持つものの仕業なのか。一刻も早い真相究明と犯人逮捕が期待されます。


中国製ギョーザによる中毒で兵庫県警捜査1課は3日、同県高砂市の家族が中毒になったギョーザと同じ製造日の同種製品6袋のパッケージ外側から、有機リン系殺虫剤「メタミドホス」を検出したそうです。


うち1袋には表面に穴が開いていた。一方、日本生活協同組合連合会(生協)も2検体から農薬の残留基準以下の微量のメタミドホスを検出したことを明らかにしたようです。


岸田文雄国民生活担当相(50)は、人為的に混入された可能性が高いとの見方を示し、政府として早急に中国へ調査団を派遣することを明らかにした。


新たな“毒ギョーザ”が見つかった。千葉県と兵庫県の被害者10人が実際に食べたギョーザ以外から、殺虫剤の成分が 検出されたのは、初めてだそうです。


兵庫県の親子3人が中毒となったギョーザと同じ「中華deごちそう ひとくち餃子」の6袋のパッケージの外側から、メタミドホスが検出された。いずれも、中国河北省「天洋食品」で、親子が食べた製品と同じ製造日(昨年10月1日)だったそうです。うち1袋には、直径1ミリほどの穴が開いていたようです。


穴の位置は、パッケージの左端。袋の折り目に近い場所の表裏に1つずつ計2つの穴があったそうです。これは包装紙の裏側とトレーに1つあった、親子が食べたギョーザの穴とは異なる形状で、何かが貫通したように見えるそうです。ギョーザを並べるトレーに損傷はなかったみたいです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080204-00000086-sph-soci

中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、小売店からのクレームによって「ジェイティフーズ」大阪支店に返品になっていたギョーザの6つのパッケージの外側から有機リン系殺虫剤メタミドホスが検出されたそうです。


いったいどの時点で殺虫剤が付けられたのでしょうか。中国にあるときに付けられたのかまたは日本に輸入されてから付けられたのか?流通ルートの確認中だそうです。



中国製冷凍ギョーザを食べた兵庫県高砂市の親子3人が中毒になった事件で、県警は3日、輸入商社「双日食料」(東京都港区)から回収した同じ製造日(昨年10月1日)の「中華deごちそう ひとくち餃子」6個のパッケージの外側から、有機リン系殺虫剤メタミドホスを検出したそうです。


高砂市と千葉県で起きた中毒事件の商品以外からの検出は初めて。県警は流通ルートの確認を急いでいるそうです。


6個は小売店から「表面が液体でベトッとしている」とクレームがあり、昨年12月28日に輸入元の「ジェイティフーズ」大阪支店に返品されたそうです。


1月8日に双日食料に持ち込まれたという。高砂市の事件の商品と同じ製造日の商品を探していた県警が3日未明に回収し、鑑定していたそうです。



6個はいずれも未開封。うち1個はパッケージ表側の左上部分に直径約1ミリの穴が開き、穴は裏面に突き抜けていたそうです。


トレーには穴はなかった。ギョーザやトレーなどの鑑定結果は出ていないようです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080203-00000019-mai-soci

ジェイティフーズが輸入した中国製のギョウザに有機リン系薬物「メタミドホス」が入っていたため、それを購入して食べた人10人が食中毒になったそうです。9人が入院してそのうち5歳の女の子は意識不明の重体になったそうです。


猛毒入りのギョウザを作っていたのは、中国河北省の「天洋食品」だそうです。
命にかかわる大変な問題です。

千葉県や兵庫県の3家族計10人が、スーパーで購入した中国製冷凍ギョーザを食べた後、腹痛や吐き気、下痢などの中毒症状を訴え、9人が入院、うち女児1人が一時意識不明になっていたそうです。


パッケージ内側からは、殺虫剤として農薬にも使われる有機リン系薬物「メタミドホス」が検出されたそうです。


致死量は体重50キロの人で約1.5グラム。千葉、兵庫両県警は薬物混入量や流通経路などを調べているようです。


被害を訴えたのは、千葉県市川市原木の飲食店店員の女性(47)と子供4人、千葉市稲毛区の母娘、兵庫県高砂市高砂町の親子3人。


問題のギョーザは、中国河北省の「天洋食品」が製造したもので、輸入者は東京都品川区の「ジェイティフーズ」。千葉では「手作り餃子」(40個入り)、兵庫では「手包みひとくち餃子」(20個入り)という商品名で販売されていたそうです。


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080130-00000128-jij-soci

↑このページのトップヘ