ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:ユニクロ

ユニクロはこの不況の中でも勝ち組企業のひとつですが、儲かっていると犯罪者に狙われる可能性も高いということですね。大阪の梅田店が強盗に襲われたそうです。閉店後に男が押し入り、従業員11人の手首を粘着テープで縛り、ナイフを突きつけながら「売上金を出せ」と要求して売上金300万円を強奪したそうです。犯人は逃走したのですがすぐに捕まったそうです。しかし、逃走中に強奪した300万円をばら撒き現在回収中のようです。


15日午後10時20分ごろ、大阪市北区角田町2のユニクロ梅田店(4階建て)の1階に男が押し入り、男性副店長(32)にナイフを突きつけ、従業員11人の手首を粘着テープなどで縛ったそうです。


「売上金を出せ」と脅し、副店長に3階にある金庫を開けさせ、現金をカバンに入れて強奪したそうです。



従業員の通報で大阪府警曽根崎署員が駆けつけ、同店の屋上に逃げた自称・大阪市住之江区南港中4、会社員、平田雄樹容疑者(31)を強盗の疑いで現行犯逮捕したそうです。当時、閉店後でけが人はなかったそうです。


同署によると、平田容疑者は屋上に逃走した後、奪った現金を店舗下のJR線路に向けてばらまいたそうです。


現金は約300万円にのぼるとの情報があるそうです。同署が回収を急いでいるそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090216-00000004-mai-soci

景気低迷の現在でユニクロには不況の風も関係ないようです。完全に独り勝ち状態が続いているようです。ファーストリテイリングは2日、国内ユニクロ事業の11月の業績を発表したそうです。

 
既存店ベースの売上高は前年同月比32・2%の大幅増となり、単月として過去最高を記録したそうです。

 
発熱素材を使った肌着「ヒートテック」やフリース、ダウンジャケットなど冬物衣料の販売が好調だったそうです。金額は公表していないそうです。

 
百貨店やスーパーの衣料品売上高(10月時点)はいずれも10%程度の大幅マイナスと不振が続いているそうです。

 
景気低迷で消費者の節約志向が強まるなか、ユニクロは機能性やデザイン、値ごろ感などを武器に、独り勝ちの格好となっているそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081202-00000049-yom-bus_all

ユニクロのフリース商品に金属片混入の恐れがあるため、自主回収を始めるそうです。中国の委託工場で製造した携帯用ヒザ掛けなどのフリース商品だそうです。メイドインチャイナは信用できませんね。


カジュアル衣料販売大手のユニクロは29日、携帯用ひざ掛けなどフリース商品5品目に金属片混入の恐れがあるとして、約1万6000点の自主回収を行うと発表したそうです。

 
回収対象は、ひざ掛け「ボアフリースブランケット+バッグ(無地柄)」(1990円)など4品目と、室内用上履き「ボアフリースルームシューズ」(1000円)。

 
ひざ掛けの購入者から19日に「約1センチの金属片が商品に入っていた」と連絡を受け、同じ中国の委託工場で製造した商品在庫を調べたところ、約6万3000点から他に16点の金属片が見つかったそうです。けが人の報告はないそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080929-00000053-yom-bus_all

↑このページのトップヘ