ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:三井住友海上

2010年4月に国内最大の損保グループが誕生するそうです。業界再編のようですが、保険会社が統合すると契約者にとってはどんなメリットがあるのでしょうか?保険料が安くなったりするのならば大歓迎なんですが・・・・


三井住友海上グループホールディングス<8725.T>、あいおい損害保険<8761.T>、ニッセイ同和損害保険<8759.T>の大手損害保険3社は23日、2010年4月に経営統合することで基本合意したと発表したそうです。


あいおい損保とニッセイ同和損保の両社が合併すると同時に、合併新会社と三井住友海上の2社が持ち株会社の傘下に入るそうです。


売上高に相当する収入保険料の3社合算は、東京海上ホールディングス<8766.T>を上回り、国内最大の損保グループになるそうです。


来年4月の統合に向けて今後、正式に協議に入る。2009年3月決算を経て9月末めどに統合比率を決め、来年1月めどに臨時株主総会を開くとともに監督官庁の認可を受け、統合実現を目指すそうです。


3社は、グループの三井住友海上きらめき生命保険とあいおい生命保険の両社も合併する方向で検討するそうです。


統合持ち株会社は、現在の三井住友海上HDをそのまま活用するそうです。


来年4月に、三井住友HDは、あいおいとニッセイ同和のそれぞれと株式交換し、同日中にあいおいとニッセイ同和が合併するそうです。


三井住友海上HDと合併新会社は名称変更する予定。これにより、持ち株会社の下に、事業会社としての三井住友海上と合併新会社の2社がぶら下がる体制になるそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090123-00000592-reu-bus_all

損保業界に再編の動きあるようです。三井住友海上グループホールディングス、あいおい損害保険、ニッセイ同和損害保険の3社が09年秋にも経営統合することで業界トップに躍り出るみたいです。



損害保険大手の三井住友海上グループホールディングス、あいおい損害保険、ニッセイ同和損害保険の3社が09年秋にも経営統合することで最終調整に入ったことが28日明らかになったそうです。


統合が実現すれば、一般事業会社の売上高に当たる保険料収入の合計で東京海上ホールディングスを抜き、損保業界トップのグループが誕生するそうです。



景気後退による市場低迷や金融危機に伴う業績悪化に対応し、経営統合で業務の効率化を進め、競争力を強化する狙いとみられるそうです。



損保業界の勢力図を塗り替える大型再編が実現すると、生命保険や銀行など金融業界全体の再編を加速することも予想されるそうです。

 
1月中にも最終判断するそうです。統合の形式は持ち株会社方式が有力とみられ、将来的には合併も検討するそうです。


統合でシステム効率化などの経営合理化が図るとともに、営業基盤を拡大して競争力を高める効果が期待されるそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081228-00000024-maip-bus_all

↑このページのトップヘ