ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:中学生





81歳のおばあちゃんから50万円入りのバッグをひったくった中学生2人が逮捕されたそうです。2人はハイヒールをはいた高齢の女性を狙って犯行に及んだそうです。なんとも卑劣な2人組です。しかし、やはり頭脳は中学生で盗んだ金でブランドの高級品を買い身につけていたことからウワサになり2人の犯行がばれたそうです。


81歳の女性から現金約50万円入りのバッグをひったくったとして、警視庁少年事件課と西新井署は19日までに、窃盗容疑で、埼玉県鳩ケ谷市の市立中3年の男子生徒(14)と、友人で東京都足立区の区立中3年の男子生徒(14)を逮捕したそうです。


同課によると、容疑を認め、「小遣いを使い果たし、金が欲しかった。50万円もあったので興奮した」と話しているそうです。


逮捕容疑は2月14日午前6時10分ごろ、北区浮間の路上で、徒歩で出勤中だった同区の製本会社社員の女性(81)に、後方から自転車に2人乗りし近づき、追い抜きざまに現金約50万円入りのハンドバッグなどをひったくった疑いだそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090619-00000068-jij-soci

中学2年生の男子生徒ら4人が小学校の砂場で「砂風呂遊び」をしていて、その中の1人が砂場から立ち上がった後に気分が悪くなりグッタリしてしまい、救急車で病院に搬送されたそうですが、意識不明の重体だそうです。間違って砂を飲み込んでしまったのでしょうか。どんな遊び方をすればこのような事故が起きるのかよくわかりません。


8日午後5時35分ごろ、宇都宮市大谷町の城山中央小学校から、「男子中学生が砂場に埋まってぐったりしている」と119番があったそうです。


消防署員が駆けつけ、校庭の一角にある砂場で倒れていた同市内の中学2年の男子生徒(13)を病院に搬送したが、意識不明の重体だそうです。

 
宇都宮中央署の調べでは、同日午後、同市内の中学2年の男子生徒6人が校庭の砂場に集まり、砂の中に体を埋める「砂風呂遊び」をしていたそうです。


最初は4人が一列になって深さ約70センチの穴を掘って座り、首の部分まで砂をかぶっていたが、1人が砂場から立ち上がった後、気分が悪くなりぐったりとしたため、ほかの生徒が近くにいた小学校の児童の母親に助けを求めたそうです。


同署は一緒に遊んでいた生徒らから詳しい事情を聴いているそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081108-00000549-san-soci

恐喝した女子中学生もアホやけど、被害者になった男子中学生もどうしょうもないバカですね。同じ学校の女子生徒とは知らず、携帯メールで「大人の遊びをしよう」「裸の写真を交換しよう」などと送信して、それをネタに恐喝されたそうです。


同級生を脅して金を奪おうとしたとして、警視庁少年事件課は恐喝未遂の疑いで、東京都東村山市の市立中学2年の少女(14)を逮捕した。



調べでは、少女は仲間3人とともに1月22日午後3時半ごろ、東村山市の中学校内で、ライターの火を男子生徒(14)に近づけ、「1万円寄こせ。親の金を盗んででも絶対持ってこい」などと脅した疑いのようです。


被害者の男子生徒にはほかの中学校にメールを交換する友人がいたが、昨年11月、その友人から受け取ったメールに逮捕された少女のアドレスが含まれていた。男子生徒は別の学校の見ず知らずの女子生徒だと勘違いし、「大人の遊びをしよう」「裸の写真を交換しよう」などとメールを送信して持ちかけたそうです。


ところが、少女は同じ中学校の不良グループの一員で、送られてきた顔写真を見て同級生だと気づき、仲間とともに脅して金を巻き上げようとしたそうです。



調べに男子生徒は「同じ中学校とは思わなかった。(同じ中学校と分かったときは)背筋が凍ると思った」と話しているそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080306-00000907-san-soci

中学生4人の男女が火災現場から老夫婦を救出したそうです。勇気のある中学生たちです。こんなニュースを聞くと日本の未来は明るいって気がします。


宮城県富谷町富谷町、自転車店経営目黒利幸さん(81)方で11日午後5時20分ごろ、火災が起き、店舗兼住宅150平方メートルが全焼したそうです。

下校途中だった富谷中の生徒男女4人が、近所に119番通報を依頼するとともに、居間にいた目黒さんの妻いと子さん(80)を救出、火を消そうとしていた目黒さんも助け出したようです。

4人はいずれも2年の岩佐翔太君(14)と鎌田周平君(14)、佐藤知未さん(14)、高田友麻さん(14)。



宮城県警大和署などによると、煙に気付いた岩佐君らが家の中を見ると、いと子さんが火事に驚き、居間のこたつに入ったまま震えて動けなくなっていたそうです。


いと子さんは足の具合が悪く、生徒らは両脇を抱きかかえて救出。火元とみられる風呂場で消火活動をしていた目黒さんを「危ないから」と説得したそうです。



岩佐君は「こたつの中にいたおばあちゃんを助けなきゃと思い、無我夢中で家の中に入った。気が付いたらおばあちゃんを外に助け出していた。無事で良かったです」と振り返ったようです。


あっぱれですね。けが人が出なくて本当によかったです。


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080112-00000011-khk-l04

↑このページのトップヘ