ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:仲間由紀恵

『ごくせん』のヤンクミ先生こと仲間由紀恵さんが車運転中に、前から来た車をよけようとハンドルを左に切ったときにポールに接触する物損事故を起こしたそうです。
ケガはなかったそうでよかったですね。


1日午後6時ごろ、東京都渋谷区鉢山町3の路上で、女優の仲間由紀恵さん(28)運転の乗用車が民家の敷地内にある鉄製ポールと接触したそうです。


車の左前部が破損したが、仲間さんにけがはなかった。警視庁渋谷署は物損事故として調べているそうです。



同署によると、同乗者はなかったそうです。仲間さんは「前から車が来たのでハンドルを左に切ったらポールに接触した。弁償するつもり」と話しているそうです。



仲間さんは沖縄県生まれ。94年にデビューし、人気テレビドラマ「ごくせん」で主演のヤンクミ先生役を務めています。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080603-00000076-mai-soci

木村拓哉の『CHANGE』ドラマのテンポも速く3回目にしてもう総理大臣になっちゃいましたね。個人的には寺尾聡のワル役が気になりますが、世間一般ではもっぱら『CHANGE』と『ごくせん』の視聴率競争のようですね。


初回視聴率26.4%で好スタートも話題のドラマ『ごくせん』が23日(土)の放送で、21.1%を記録(ビデオリサーチ 関東地区 世帯平均)。


同じ週に放送されたフジテレビ系『CHANGE』(19日・月曜)は23.0%を獲得しており、19日の週では『CHANGE』が『ごくせん』を越える形となったようです。



ただ、前週の『CHANGE』(初回 12日放送)は、23.8%を獲得していたので、『CHANGE』の視聴率が伸びたというよりも、『ごくせん』『CHANGE』ともに下がっていることがわかるようですね。ちなみに『ごくせん』の前回(16日放送)は、25.3%を獲得していたそうです。


なお、昨年の1月期に放送された木村拓哉主演の『華麗なる一族』と05年1月期の『ごくせん』第2シリーズは、ともに最終回で30%を越える伸びを示しているため、今シーズンの『CHANGE』、『ごくせん』の視聴率推移も今後ますます注目されることになりそうですね。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080526-00000008-oric-ent

木村拓哉の月9ドラマ「CHANGE」の第2回目視聴率が23%だったそうです。仲間由紀恵の「ごくせん」にまたしてもおよばなかったそうです。「ごくせん」が強すぎるのか。木村拓哉が飽きられてきたのか、「CHANGE」自体が面白くないのか、原因はナンなんでしょうか?


ただ、1話完結の「ごくせん」と続きものの「CHANGE」では比べる対象にはならないような気がしますが・・・・「CHANGE」は回を重ねるごとに視聴率が上がるかもしれませんね。


17日に放送された人気テレビドラマ「ごくせん」(日本テレビ系)の視聴率は25.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)で、4月19日の放送開始以来、高い水準を記録しているそうです。


一方、19日に放送された木村拓哉さん主演の「CHANGE」(フジテレビ系)の第2回は23%と高い数字となったが、「ごくせん」には及ばなかったそうです。



「ごくせん」は、任侠集団「大江戸一家」のお嬢様の「ヤンクミ」こと山口久美子(仲間由紀恵さん)が、問題児ぞろいのクラスをまとめていくという物語で、人気マンガが原作です。


一方の「CHANGE」は、平凡な教師だった朝倉(木村さん)が、政治家だった父の死を機に選挙に立候補し、総理大臣になるという物語です。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080520-00000016-maiall-ent

仲間由紀恵の「ごくせん」が絶好調のようです。第2回目の視聴率も24.8%と高視聴率を記録したそうです。内容的には第1,2シリーズと全く一緒のパターンで代わり映えはしないのですが逆にそれが安心感があって高視聴率につながっているんじゃないでしょうか。


同じ土曜日に放送している佐藤隆太の「ルーキーズ」も視聴率が上がったそうです。
ジワジワと人気が出ているようで、回を重ねるごとに「ごくせん」に追いつくかもしれませんね。



19日に放送された第1回視聴率が26.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した仲間由紀恵さん主演のテレビドラマ「ごくせん」(日本テレビ系)の第2回視聴率は24.8%で、引き続き高視聴率を記録したそうです。



「ごくせん」は、まじめな教師だが、実は任侠集団「大江戸一家」の「お嬢」という「ヤンクミ」こと山口久美子(仲間さん)が、問題児ぞろいのクラスをまとめていくという物語で、人気ドラマシリーズの第3弾です。


一方、佐藤隆太さん主演の「ルーキーズ」(TBS系)は第1回の12.2%を上回る14.8%だった。「ごくせん」とは、ともに土曜日放送で、若き教師と“イケメン俳優”演じる不良たちの青春物語という内容のため、放送前から視聴率対決に注目が集まっていたようです。






本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080428-00000023-maiall-ent

仲間由紀恵の『ごくせん』第3シリーズの視聴率が26.4%で好スタートを切ったようです。やはり『ごくせん』の人気は本物ですね。内容的にはほとんど同じパターンで仲間由紀恵演じるヤンクミ先生が、悪者をバッタバッタとやっつける水戸黄門のような展開が人気の秘密でしょうか。



仲間由紀恵がジャージ姿で教師を演じ、人気若手俳優の出演が話題を呼んでいる連続ドラマ、日本テレビ系『ごくせん』第3シリーズが19日(土)21時に放送され、ビデオリサーチによる視聴率(関東地区・世帯平均)で、26.4%をマークし、好調なスタートを切ったようです。


『ごくせん』は、過去の第1シリーズ(02年4月期)では、1回あたりの平均視聴率(※オリコンが算出)が17.4%、第2シリーズ(05年1月期)では27.8%にもおよび、人気ドラマとして注目度が高まっている。



『ごくせん』は、仲間由紀恵が教師を演じる学園ドラマで、生徒役のイケメンぶりも注目されており、これまで松本潤、小栗旬、亀梨和也、赤西仁など、数多くの人気若手俳優を輩出してきました。


今期は、映画『恋空』に出演した三浦春馬、Hey! Say! JUMPの高木雄也、ジュノンボーイコンテスト出身の三浦翔平らが出演。3月にキャスティングが発表されるや、そのラインナップがメディアで取り上げられ話題を呼んでいました。








本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080418-00000025-oric-ent

ドラマ『ごくせん』の第3シリーズが4月からスタートします。過去の第1,2シリーズに生徒役で出ていた俳優たちは、今ではそれぞれ主役を演じる俳優になっています。つまり、このドラマにでる俳優は将来の超有望株というわけですね。


仲間由紀恵が高校教師を演じ、生徒役にはイケメンの若手俳優が起用されたことで人気を呼んだ日本テレビ系ドラマ『ごくせん』。その第3シリーズが4月から放送されるが、気になる生徒役には、Hey!Say!JUMPの高木雄也、映画『恋空』などの出演で人気上昇中の三浦春馬のほか、石黒英雄、中間淳太、桐山照史、三浦翔平らが決定したそうです。


過去、02年に放送された第1シリーズでは松本潤、小栗旬、成宮寛貴。05年の第2シリーズは、亀梨和也、赤西仁、速水もこみち、小池徹平、小出恵介など、数多くの実力派若手俳優を輩出しているドラマというだけに、今シリーズからのニューカマー誕生も注目されそうですね。



第3シリーズの出演が決まった高木は「松本潤くん、亀梨くん、赤西くんという先輩方に続いて今回『ごくせん』に出演させて頂くことになりました。初めての連続ドラマということもあり、すごく緊張していますが、こんなにすごいドラマに出演させてもらえてることが本当に嬉しいです! 皆さんがとても楽しみにしているドラマだと思いますので見ていて楽しいと思って頂けるよう、先輩方の良い所を吸収しながら、新しい『ごくせん』を共演者やスタッフの皆さんと一緒に、作れるように頑張ります」と意気込みを語っているそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080214-00000011-oric-ent

仲間由紀恵の「ごくせん」が帰ってきます!ファンの期待に答えて第3シリーズが来春にスタートするそうです。



日本テレビ系の連続ドラマで平均視聴率歴代第1位となる28・0%を記録した学園ドラマ「ごくせん」の第3シリーズが来年4月から放送されるそうです。



曜日、時間帯は未定。同局の「開局55周年記念番組」として、3度、日本中に“ヤンクミ旋風”を巻き起こす勢いだそうです。


この番組から巣立っていた生徒役が、その後大活躍しています。第1シリーズでは松本潤、小栗旬、成宮寛貴らが出演。第2シリーズでは亀梨和也、赤西仁、速水もこみちなどです。


今度のシリーズではどんなスターが生まれるんでしょうか???




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071213-00000051-sph-ent

↑このページのトップヘ