民間の生命保険会社や損害保険会社の不払い問題というのが社会問題になりましたが郵便局のかんぽ生命でも不払い件数が30万から40万件あるそうです。もう保険会社はどこも信用できないのでしょうか。


かんぽ生命保険は29日、旧日本郵政公社の簡易生命保険契約のうち22万3000件を不払いの可能性が高い契約として割り出したと発表したそうです。



契約書類とデータの機械照合で一致しなかった177万8000件を社員が目視で点検した結果だそうですが、目視点検は76万3000件が未着手のままだそうです。



鳩山邦夫総務相は同日の閣議後記者会見で、不払いの可能性が高い契約は最終的に30万−40万件に達する見通しを示したそうです。
 

これらの契約は専門知識を持つ社員が最終点検し、不払いの有無を確定後に保険金を支払うそうです。


入院保険金の日数を誤入力したケースや、退院後に支払う通院療養給付金が支払われていないケースがあるそうです。


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090529-00000079-jij-pol