若槻千夏が古着販売に飽きたためにタレント活動を再開したそうです。おバカに磨きを懸けてこれからがんばっていくみたいですね。


芸能界の表舞台からしばらく姿を消していたタレント、若槻千夏(24)が、いつの間にか帰ってきたそうです。


この1年間、ブログ閉鎖や海外渡航、古着販売とあわただしく動いた元祖・おバカタレントはどこに向かっているのでしょうか。


昨年までの飛ぶ鳥を落とす勢いを自ら断ち切った若槻。今年はもともと興味があったという古着の買い付け・販売のため米国やタイに渡り、ネットオークション形式で“事業”を開始したそうです。


だが「もともと熱しやすく冷めやすいタイプ。古着や服のプロデュースは続けるが、再び芸能の第一線に戻りたいようだ」(広告代理店関係者)という。


本音を隠さないのが身上だけに、9カ月ぶりのテレビ出演となった今月17日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)では、「古着販売は正直、飽きた」と明かし、「これからはテレビにどんどん出演したい!」と復活宣言したそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081129-00000008-ykf-ent