小学6年生と中学3年生を対象に実施した学力テストで秋田県が小学校1位、中学校2位と全国トップクラスをキープし続けているそうです。きめ細やかな指導と家庭・地域との協力が全国トップクラスになった理由のようです。子供を賢くさせるなら秋田県で育てるのがいいみたいですね。


 
「きめ細かな指導」「家庭、地域との協力」が好成績の要因−。文部科学省が全国の小学6年生と中学3年生を対象に実施した今年度の学力テストで、秋田が小学校の合計正答率285・6%で、3年連続で全国1位、中学校も296・3%で2位と高水準を維持したそうです。



「本県の教育的土壌が効果的で安定していることの証だ。教育の充実のために、財産である教育的土壌をいっそう大切にして県民の関心をさらに高め、教育立県を目指す」秋田県教委の根岸均教育長は27日の記者会見で、3年連続で小学校、中学校ともに好成績を収めたことに胸を張ったそうです。



根岸教育長がその要因として挙げたのが、望ましい生活習慣、学習習慣▽授業改善と一人一人へのきめ細かな指導▽家庭・地域との協力▽大学との連携−の4点だったそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090828-00000004-san-l05