麻生首相が「3年間で必ずや景気回復させる。全知全能を傾ける」と明言したそうですが、すでに国民の大半は麻生内閣に期待していないのは支持率などを見れば一目瞭然なのですから、やはり解散総選挙をして国民の審判を問うべきだと思います。


盟友の中川昭一前財務・金融担当相の辞任や小泉純一郎元首相の衆院再議決をめぐる発言など苦難が続く麻生太郎首相は、20日の衆院予算委員会で「3年間で必ずや景気を回復させる。全知全能を傾ける」と今後の政権運営にかける決意を示したそうです。



自民党の谷垣禎一元財務相が「内閣に気の緩みが見られ、与党に不協和音がある。どのように求心力を回復するのか」と厳しくただしたことに対し答えたそうです。


ただ、谷垣氏は「経済危機の時に根性を入れて仕事をしたかが(将来)問われる。歴史の審判に身を預ける気持ちで仕事をしてほしい」と激励も忘れなかったそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090220-00000642-san-pol